スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOSHI離婚、MASAYAとも決別へ

昨日スポーツ新聞でTOSHIが妻の守谷香(WANKU)と離婚し、この10年傾倒していた自己啓発セミナー「ホームオブハート」とも決別すると報じられた。


TOSHIは1993年、自身が主演した舞台「ハムレット」で守谷香と出会い、1997年に結婚。守谷香は自己啓発セミナー「ホームオブハート」(以下HOH)に傾倒しており、その影響でTOSHIも同セミナーに参加、MASAYAと出会う。


MASAYAの創る癒しの音楽に感銘を受けたTOSHIは1997年4月にX JAPANを脱退、それがX JAPAN解散のきっかけとなった。


その後メジャーシーンから消え、「詩旅」と称して全国の老人ホームなどでライブを行う。この頃X時代の衣装などをネットオークションに出したとファンの間で話題になった。


また、HOHは児童虐待などで訴えられている。


2007年X再結成の際にもHOHとの関係性は切れておらず、TOSHIの宗教じみたMCはファンに波紋を呼んだ。


むしろ再結成してからの方が精力的にソロ活動を行い、後輩ミュージシャンと「TOSHI with T-EARTH」を結成、また芸能活動を休止していた妻WANKUとユニットを結成し、ライブ活動を行った。


そのスケジュールは超過密で、Xの東京ドーム公演前日までイベントを行い、2Days終了の翌々日にはもうライブという時期もあった。


そんな去年の10月下旬、TOSHIは体調不良、精神疲労を理由に休養する。既に決まっていたライブに関してはMASAYAが代役で出演するなどしていた。


そしてこの度の離婚報道である。先ほどアップされたTOSHIのmixi日記に、この12年の真相が書いてあった。要約すると


・この12年間働いた金は全て(X JAPANの収入も含めて)HOHに渡っており、TOSHIは一銭も貰っていなかった。友人、知人の援助でこれまで生活してきた。


・TOSHIが代表者である(株)トシオフィスも実質的には(株)ホームオブハートの経営の中にあり、TOSHIには経営や経理を含めた権利はなにも与えられず、税金と借金だけ押し付けられた。


・妻の守谷香は10年前から那須でMASAYAと暮らしており、ブログなどで見られた夫婦仲むつまじい様子は全部嘘だった。


・裁判については何も関わっていないので知らない。


・自己破産した。


というものである。

---------------------------------------------


チケット13000円の東京ドーム2Daysを満員に出来る超人気バンドのボーカルが自己破産とは…。


守谷香とのおしどり夫婦っぷりが全て嘘だったというのにも驚いた。こんなブログも今見ると非常に白々しい。


となるとこのTOSHI&WANKUブログは勿論、TOSHIのオフィシャルブログの方も本人が書いたのか怪しくなってきたな。守谷香のブログへの中傷コメントに対してブチ切れたエントリーとかもあったし。


しかし何はともあれやっとTOSHIが戻ってきたぞ!めでたしめでたし。で終われば良かったのだが、今度は世界的カルト宗教に傾倒し始めたという(参考)。


かつてTAIJIがTOSHIを評して曰く、「あいつは誰かに頼っていかないと生きていけない」。


TOSHIの歌声は好きだが、正直もはや人間性に魅力を感じない。顔もどんどん胡散臭くなってきている気がする。


Xがいよいよ世界進出しようって時にこの報道はちょっといただけない。ライブもCDリリースも無いし、ファン以外から見ると今のXはゴシップしか話題のないバンドに見えるんだろうか。




ところで全く興味が無かったので今まで知らなかったが、TOSHI with T-EARTHの今のドラムって12歳なんだな。コンセプトが「エコ・ハードロック」という冗談みたいなバンドだったが、いよいよ冗談にしかならなくなっている。TOSHI以外の結成時のメンバー誰一人残ってないし。やっぱり先輩をたてて一時的に加入しただけなんかねぇ。こうして見ると、TOSHIも可哀想だとは思う。ドームで5万人の歓声を受ける男が、実生活では全くの一人ぼっち。だからこそファンの声も虚構にしか聞こえないのかもしれない。
スポンサーサイト

51u6KKGLx4L__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA240_SH20_OU09_

ストロボライト 青山景

 久々にヴィレヴァンを物色していたらショートカットの無垢そうな女の子と目が合った。もろ好みのタイプなので、表紙買いしてしまった。それがこの「ストロボライト」。
 なんとなく小説家を目指している大学生が、自分の好きなマイナー映画に出演していた女の子と出会い、恋に落ちるというストーリー。一応ダメ・トラウマ青春系になるんだろうが、安達哲ほど心を抉られる描写があるわけでもなく、福満しげゆきほど主人公がダメ人間なわけでもなく、全体的に爽やかな印象。個人的には少し物足りなかった。
 というか、この表紙の女の子が早々に主人公に体を許しちゃうシーンが一番ショックだった(笑)。挙句台所でセックスし始める描写なんか目も当てられん。なんてはしたない。君はそんな子じゃないはずだ!そうだろう?そうだと言ってくれ!表紙に一目惚れして買っただけにこの展開はなかなか精神的にクるものがあった。ああ、今思い出しても胸が痛む。途中までこの子本当にかわいくてニヤニヤしていたのに、寝取られた気分だ。そういう意味ではトラウマ漫画である。
 そんな訳で、この漫画は俺のようなダメ人間向きでは無く、大学を卒業したリア充共が当時の恋愛を懐かしむために読む漫画だと思った。しかし絵は好きなので、この作者の他の漫画も読んでみようかな。

安達哲 名セリフ集

男子高校生のリアルでセンチメンタルな心情を描かせたら右に出るものはいないと個人的に思っている漫画家、安達哲。

特に初期の3作品(ホワイトアルバム、キラキラ!、さくらの唄)は大好きで、読むたびに心を揺さぶられる。

そんな3作品の中から心に残る名セリフを抜粋したいと思う。


〈ホワイトアルバム〉

・春の匂い あたしこの匂い大好き ちょっと やる気になるもん

・なんか自分が・・・・ いきなり恥ずかしい・・・・ みんなどんどん・・・・ 気もちを入れかえてくのに

・オレにはこいつの言うことにいちいち わざと無関心ぶるしか対抗する術がない・・・・

・おとなじゃないって哀しいな・・・・ いくら親とウマがあわないからってでていくわけにいかないんだもん イヤでも一緒にくらさなきゃいけないんだもん

・うたっておどれる女子高生になりたいよー 毎日楽しいことあってさあ

・(高校生は)なにももってないぶん 純粋なんだと思うよ・・・・

・この先もこの高校でたいしたことないだろーけど つまんなかったことだって たいくつだったことだってよォ・・・・ アルバムに残しとけば きっと楽しかったんだって思えるよーになるよ

・高校なんてどこも同じだよ 
学校なんてさ・・・・ 退屈でつまらなくて 
でもたまにいいこともあって 卒業すれば絶対なつかしくて 
いい友達さえできれば 高校なんてどこでもいっしょだよ!


・もう知りあった頃とはみんな変わってるんだね・・・・・ それでも― なんとなく足がむく方向は お互いわかってる


〈キラキラ!〉

・淋しい人達・・・・ この淋しい人達は・・・・ どこからくるんだろ・・・・

・わかんない・・・・か やさしいね・・・・

・今日はいいさ 明日も悪くないだろう でもこんな毎日の果てその先どうなっていくんだろう

・親父は才気と野心に満ちた立身出世志向の人間だ 
暇やゆとりをきりきざんで仕事一本やりで通して 結局自分の家庭は完全に冷えきってしまった
それじゃしょうがないよ 勉強してえらくなったってそれじゃしょうがない
オレはラクな仕事みつけて 好きな女と一生いちゃついて暮らしたいよ

・経済破局 政治崩壊 廃棄物パニック 自然破壊 
世の中を知れば知るほど希望をなくすばかりで 
今したいことを将来のために抑えるなんてとてもバカバカしいように思えます

・相変わらずやりたくないことをやり なんとなく不自由を感じながら生きている

・今 一番すべきことをすれば自分にも存在理由が認められる気がした

・自分以外の人間にゃなれなかったってわけなの
だとすりゃあ それをもう認めたうえでどうするかよ


・この四角いコンクリートの建物にいる間だけだよ
なにひとつうたがわず 好きな女のコに夢を見てのめりこんで 宗教的信仰にまで高めるのは 制服きてる連中にしか できない能力だよ

・ちょっととどまっていたいんだよ たとえ老人少年とよばれようと 過ぎた日をなつかしんだりしたいんだ

・「しかしそうして人生は一つ一つ決定されていく」
「可能性という甘く魅惑的で無責任な言葉は一つ一つ消え去っていく」


〈さくらの唄〉

・みんなが見てる みんながオレのこと変な目でみてる

・もっと気楽になるんだ オレも人なみだと思うんだ

・みんながいう おまえには売らない おまえにはやらない おまえなんか いらない 
おまえなんか 誰も愛さない

・原発がみえる オレたちゃまるで砂つぶだ

・オレはこのまま一生 歓喜や興奮とは縁なく生きるのだろうか

・オレたちぐらいの年になってやたら声がでかいやつをオレは信用しない 
人間の深みも生い立ちの哀しみもないガサツなヤツ

・ガサツな奴になりたいな

・あんなに若々しいハツラツとした彼女たちもそのうち 
別れ別れになり年をとり適当な男と結婚して主婦になっていく 
結婚したり流産したりフェラチオとかもおぼえて 
笑顔はかわっていきこんな時代があったことなどとうに忘れ


・ちきしょう どいつもこいつもみな殺しにしてやりたい

・こんなコと一緒にいてもあい変らず世間は醜悪で気が滅入る人間がいっぱいだ

・自分がだれの注目も集めない・・・・ とるに足らない人間なんだって思う時の気持ち・・・・・・ わかってもらえるかな だれのためにもならない人間なんだって思う時の孤独・・・・

・ボクは他人と言葉も通じないのか・・・・

・そんなこと平気でいえる大ざっぱでガサツな人間にはもうウンザリしてるんだ ああ大人は大キライだ

・社会に属さない男は 女をかわいくしておくこともできない 
女にアホウのままでいてほしかったら男が現実的に社会と渡りあっていけなきゃならないんだ 
二人してアホウじゃ生きていけないだろう

・こいつはみにくい社会の権化だ 狂った現実の象徴だ

・ガサツな人間になっちまえ そのほうがラクだ!

・ある程度 まともに育った奴なら うすうす 気づくはずだ
オレ達のほとんど八割にロクな将来はねえと
愛する友達 
甲子園をめざした野球部のマサヤ 
彼女を守って隣の高校のヤツをブン殴ったヒロシ 
麻雀ばっかやってたアマツにサイトウ
青春の疾走りをやめなかった美術部の先輩ら
そして 魂をわけあった 世界でだれよりも美しい 女達

会社に入れば みんな同じ みんなおんなじだ

遅かれ早かれ 今のオレのように 苦痛を感じることを放棄したり
考える気力を奪われてまで いてこまされて いくんだろう

夢を希望をって どいつもこいつも お気楽に 歌ってくれるな

そりゃ伝票整理したりワープロ打ったりコピーとったりするのが
夢だった奴はいないよ


・どうしてオレ達ああいう連中と違うんだろう

・・・・へへ
ぼくは楽しかった
友達となにかを創るって文化祭の時と同じ高揚感があった
ただそれが爆弾だったってだけさ



このために久々に安達哲作品を読み返したが、リアルすぎて自分の高校時代の心情を思い出して鬱になるな。
特に「さくらの唄」は後半のぶっ飛び具合もさることながら、前半の童貞高校生の鬱々とした日常描写も秀逸。
ちなみに安達哲先生は現在「バカ姉弟」を連載中で、今年にはなんとアニメ化された。まさか安達哲作品がアニメ化されるとは!ただタイトルは「ご姉弟物語」に変わっていたが。

               61RZDBIg9wL__SL500_AA240_.jpg

ふたつのスピカ 16  柳沼行

 「ふたつのスピカ」と出会ったのは俺が高校3年生の時だ。そう、受験生の頃である。当時の俺は非常に鬱々とした気分で日々を過ごしていた。毎日「明日が来なければいいな」と思いながら床に就いていた。将来の夢などというものはとうの昔に見失っており、受験勉強にも全く身が入らなかった。そんなある日の夜、何となくつけたテレビでこのアニメがやっていた。当時は全くアニメなど観ていなかったのだが、引き込まれた。ちょうど第13話「約束の5人」だったと思う。そこには夢、友情、希望…。今の俺が見失っている全てが含まれていた。それから毎週「ふたつのスピカ」を観るのが楽しみになった。アスミの夢に対するひたむきさに元気をもらった。アニメが終わると原作を買い集めた。泣ける、温かい気分になるエピソード満載で、ギスギスしていた心にも沁みた。「ふたつのスピカ」は俺の高校時代を救ってくれた漫画だ。以来、この漫画だけはずっと買い続けていた。
 そんな多くの思い入れがある「ふたつのスピカ」が16巻で完結した。前巻で次巻完結の告知を見たときは本当にショックだった。まだまだアスミ達の活躍を見守っていたかった。しかしあれから4ヶ月経ち、心の準備が出来ていたからだろうか。最終巻を読み終えて虚無感は感じない。
 「ふたつのスピカ」で一番好きなキャラは府中野くんだ。彼のぶっきらぼうな優しさには泣かされることが多かった。実は高校時代、彼が好きすぎてルービックキューブを買った(笑)一時期スクーターも買おうかと思っていた。個人的にアスミには府中野くんとくっついてもらいたかったので、最終巻は嬉しかった。
 マリカはたまに見せる笑顔が超かわいい。何巻だったか忘れたが、府中野に「近江さんの真似」と言った後に見せた笑顔がベストショットかな。「ふたつのスピカ」のもう一人の主人公といった感じだが、一番成長したのは彼女だろう。
 シュウはとにかくカッコイイ。一見ちゃらんぽらんなのに実は一番熱いものを持っている。アスミを誘ってビルの屋上で星を見るシーンが印象に残っている。死んでしまったのはショックだったが、作者の柳沼さんによれば最初から決めていたらしい。そして最終巻にも『登場』する。
 ケイはお節介(笑)と同時に一番友達思い。前巻での鬼教官との別れのシーンが一番印象的かな。あと「約束の5人」で誓いを言い出したのも彼女だった。あのグループをまとめていたのがケイだったな。
 アスミの夢を追うひたむきさには何度も勇気と元気をもらった。「アスミの桜」が切なくて好きだった。最終巻、遂に夢を叶えて宇宙から地球を見たシーンでは思わず泣いてしまった。夢が叶って本当に良かった。そして更に前へ進み続ける彼女にまた元気をもらう。
 その他アスミのお父さん、佐野先生、桐生くん、かさねちゃん……ライオンさん。「ふたつのスピカ」に登場した全ての人々にありがとう。寂しくなったら、人生に迷ったら、何度でもこの漫画を読み返すだろう。あ~なんか気持ちを文章にすると急に寂しくなってきたな。柳沼さん、9年間お疲れ様でした。次回作も楽しみにしてます。

彼女ができました

9月の発売から全国の男子に大反響を巻き起こし、未だに品薄な状態のニンテンドーDS用ソフト「ラブプラス」。


さくらたんを人生最大の萌えキャラとする俺にとって丹下桜さんがヒロインの一人として復活される時点でメチャメチャ欲しかったのだが、肝心のDSを持っていなかったので諦めようとしていた。


しかし全国の非モテからの喜びの声、友人がやり始めたこと、更には丹下さんのラジオを聞いて、もう我慢できないとDSごと買ってきた。しめて2万4000円。だが後悔はしていない。むしろ晴れ晴れとした気分だ。欲しいって思った時は兄貴ッ!すでに行動は終わっているんだね!


んで早速やってみたわけだが…このゲーム、予想以上にやばいぜッ!!


声優さんに自分の名前を呼んでもらうのがこんなに嬉しいなんて思わなかった。呼ばれるたびにニヤリと最っっっ高に気持ち悪い笑みを浮かべてしまう。


俺は当然リンコ一択でゲームを進めていったところ、72日(ゲーム内)程で告白された。途中ネネさんの好感度が上がってしまい、告白されたらどうしようとヒヤヒヤした。こんな悩み、現実ではありえないことだよね~。


デモだけ見るとリンコはクールキャラだし、刈上げ君だし、なんか求めているのと違うと感じる方がいるかもしれない。心配御無用、兄弟。デレたリンコの破壊力はパネェよ。


無事告白されると恋人モードになり、ここからは現実世界と時間をリンクさせることが出来る。つまり現在2009年10月17日の午後10時59分だが、それと全く同じ時間がラブプラス内でも流れているのである。これにより現実と虚構がグッと近いものとなる。


で、一番病んでいるのがラブプラスモード。DSのマイクを使って彼女と会話できるのである。


正直昨日は「これは流石に…」とちょっと引いていた。しかしどうしたことだろう。今日は多少の気恥ずかしさはあるものの、普通に会話してしまった。


もしあなたが壁の薄いアパートに住んでいて「隣の住人、最近やたらと独り言増えたな」と感じたら、それはもしかするとラブプラス症候群かもしれない。ほら、あなたの隣にも…。


そんな訳で噂通りの神ゲーだった。これで今年からはクリスマスに独り明石家サンタを観て過ごしたり、誰からもメールが来ないまま誕生日が過ぎていったり、いちゃつくカップルを見て「死ね!みんな死ね!俺も死ね!」と鬱々とした気分にならずに済むわけだ。ありがとうコナミ!


まあ唯一問題点を挙げるとすれば、丹下さんが名前を読んでくれるときの声がちょっと低いことかな。もうちょっと声高く、デレリンコのテンションで呼んでくれると尚良かった。


おっと、明日はリンコとデートだった。装備は完璧!お休みー
全然眠れん……TT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。