スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the HIATUS Trash We'd Love Tour 2009

the HIATUS。ELLEGARDEN休止後、ボーカル、ギターでメインソングライターの細美武士が組んだバンドである。

去年は全くチケットが取れなかったため、細美のライブを観るのは2年近くぶりになる。

しかも対バンが9mm Parabellum Bulletと来た。これはwktkせざるを得ない。

そんな訳であいにくの雨の中、新木場STUDIO COASTへ行ってきた。

会場に入ってまず女性客の多さに驚く。いや~エルレの時もこんなに多かったっけ?6割くらい女だったような…。


最初に出てきたのは当然9mm Parabellum Bullet。彼らのライブも2007年の初ワンマンを観て以来、2年ぶりである。その割には曲『Discommunication』しか知らないのだが。

そして1曲目からその『Discommunication』。これには上がった。

他の曲はほとんど知らなかったのだが、リズムに合わせて体を揺らしていると無問題で楽しめた。正直CD音源聴いてもそれほどハマらなかったのだが、ライブはすごかった。特にギターの滝。あれだけ暴れまわってもキめるところはキめる。ギターソロも速弾きなど織り交ぜて格好良い。これは現代のギターヒーローだと思った。

しかし途中その滝の音が出なくなるハプニングが。その間ボーカルの卓郎がMCで繋ぐが、非常にたどたどしいwww確かにMC得意そうな顔ではないが。9mmの意外な穴を見た。

しかしそれも含めていいライブだった。これはまた行きたい。


そしてthe HIATUSである。1曲目『Ghost In The Rain』。演奏陣は実力派が集まっただけあって素晴らしい。特に元ミッシェルのウエノコウジのベースはさすがのグルーブ感。細美もよく声が出ていた。

しかしまだバンド始動して日が浅いからか、エルレやさっきの9mmのようなメンバー一体となった勢いは感じられなかったな。

セトリは『Little Odyssey』を抜かしCD順だった。the HIATUSの曲はエルレとは全然違うのだが、客のノリはエルレとほとんど同じだった。そこにメンバーと客の間に少しギャップが生まれている感じがした。

本編終了後、2分くらいで細美再登場(異常に早い)。女性客が多く黄色い声援が飛ぶのを気にしたのか、「バンドにメンバー見に来ている人多いでしょ?」と顔ファンを批判。まあ確かにステージ上の細美はかっこいいからなあ。今回のライブMCは昔のような下ネタは一切無く、終始マジメだった。

そして『Little Odyssey』を演奏。最後にもう1回『The Flare』を演奏し、〆た。

エルレの時はダブルアンコールが当たり前みたいになっていたので、アンコールが終わり終了のアナウンスが流れた後もオイオイやっている人が結構いたが、もう曲ないだろう。『The Flare』2回やっちゃったし。


まあ正直、今回のライブは9mmのほうが良かったな個人的には。アルバム1枚しか出していないので仕方ないが曲数が少ないし、CD順のセトリも次に来る曲が予想できるので個人的にはあまり好きではない。もう数枚アルバムを出した頃にもう1度行きたい。
スポンサーサイト

OASIS JAPAN TOUR 2009

去る3月29日にOASISのJAPAN TOUR最終公演へ行ってきた。

今まで「OASISは2ndで終わった」というレビューに惑わされて新譜が出ても聞いていなかったが、今回のライブ用に最新作『Dig Out Your Soul』を買ったところ思いのほか良い!そんな訳で期待を膨らませて幕張メッセへ向かった。

幕張メッセは初めて行ったが、とりあえず遠い。電車賃も痛い。早く着きすぎたので駅周辺のアウトレットパークをぶらつくが、服に興味のない俺にはどうでもいい店ばかり。しょうがないのでちょっと早いが会場へ向かうことにする。

会場に着くともう既にかなり並んでいる。やることもないので俺も並ぶことにした。

とそこに完全に出来上がったガキ共が俺の並んでいるすぐ後ろのほうで馬鹿騒ぎしだした。俺も飲むとめちゃくちゃになるほうだが、素面から見た酔っ払いがあんなにウザイものだとは知らなかった。飲んだら素面には絡まないようにしよう。

奴らとにかく五月蝿い。常人の5倍くらいの声でクソつまんねーことを喚き散らしている。だんだんイライラしてくると同時にこいつらの近くでライブを観るのかと思うと気が重くなる。

中の一人は「オレ絶対にmixiで叩かれるよ~」と、やたらミクシーミクシー言っている。そのうち周りに並んでいる人にも絡みだした。「まあいっか。どうせこいつらと一生会わねえし」

この時点で俺の怒りが有頂天、

「うるせえんだよクソガキ共!セイウチのケツにド頭つっこんでおっ死ね!」

と毒づきたいところだったが、如何せん気が小さいので黙っていた。

するとちょうど俺の後ろに並んでいた姉ちゃんがキレて文句を言っていた。

それでしばらく大人しくなったが、酔っ払ったガキ共はタチが悪い。徐々に調子に乗り始め
「マジ冷めるし~」
「てめーが帰れよ~」
とかほざき始めた。

すると後ろの姉ちゃんは完全にプッツン来たらしく、そいつの髪の毛つかんでオラオラしていた。あの姉ちゃん、マジパねえっす!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる!あこがれるゥ!

相手が襲い掛かってきたら俺も加勢しようと思って身構えていたが、そのときちょうど開場して列が動き始めたので仕方なくその場から離れてしまった。

ゲートではゴツい黒人にボディチェックをされる。ちょっと緊張する。

今回はかなり番号も早かったので前のほうを期待していたのだが、実際入ってみるとブロックで仕切られており前に進めないようになっていた。しかもブロックはAとBの2つしかない。俺はBブロックの前のほうに陣取ったが、それでもかなりステージとの距離を感じた。

幕張メッセはコンクリート打ちっぱなしの無骨な作りで、ステージもシンプルな感じだった。なんか体育館みたいだった。

OASISはギャラガー兄弟があの性格だし時間押すことを覚悟していたが、意外にもオンタイムで始まった。

前座が出ることを知らなかったが、最初はQUATTROという日本のバンド。感想としては悪くないが、こういうのは本場イギリスの人に任せておけばいいんじゃない?って感じだった。おそらく無名のバンドだと思うが、それなりに盛り上がっていた。

その後しばらくして「OASISの公演を始めます」とのアナウンスが。その瞬間押すわ押すわ、パンクバンド並みに押される。なにせブロックが2つしかないので各ブロックの人数が多くなり、押される力が体重の何十倍にもなる。しかもつかまるところも無いので、必然的に将棋倒しの様相を呈してきた。

男の俺ですら立っているのが精一杯なのに女性が堪えられるわけが無い。あちこちで悲鳴が聞こえ、まだ始まってもいないのに次々とセキュリティに担がれてエリアから脱出していく。

俺はOASISのライブに初めて行ったのだが、いつもこんなに押すのか?ちょっとひどすぎるんじゃねーの?アジカン、エルレ辺りから流れてきた若さ故の情熱を持て余すガキ共が暴走した感じがしたが、間違っていたらスマン。

やっと客席も落ち着いたところでOASISが登場。オープニングは『Rock'n'Roll Star』。周りは初っ端からリアムの声がかき消されるほどの大合唱である。

ステージは遠い上に人の頭であまり見えなかったが、両手をポケットに突っ込んで無愛想に歌うリアムの姿が確認できた。かっけー!

そこからはヒット曲のオンパレード。新譜からもプレイしていたが、全体的には過去の名曲がセットリストの多くを占めていた。まあ初めて行った俺としては嬉しい選曲だったが、もうちょっと新譜から演っても良かったんじゃない?

意外とノエルが歌う曲が多く、リアムよりノエルのほうが目立っていたように感じた。MCもノエルのほうが多かったような。いつもこのくらいのバランスなのだろうか。

ノエルのギターにはマジでトリップしそうになった。テクニック的には大したことはしていないのだが、音作りと表現力がすごい。音響も各音分離がはっきりしており、バランスもよかった。久々に心からアンコールを要求した気がする。聴きたい曲もほぼ聴けたし。『The Masterplan』『Whatever』といったレア曲も演奏してくれた。ただ『Live Forever』が聴けなかったのは残念だったが。ここ最近観た中でベストアクトだった。

しかしライブ中に携帯で写真を撮っている輩が多かったのには非常に気分を害された。ライブ中に写真撮っちゃいけないってのは常識だろ?どうもモラルに欠ける。

そんな訳でライブ自体は最高だったが、客にいろいろと不満の残るライブだった。

セットリスト
1. Fuckin' in the Bushes(SE)
2. Rock'n'Roll Star
3. Lyla
4. The Shock of the Lightning
5. Cigarettes & Alcohol
6. The Meaning of Soul
7. To Be Where There's Life
8. Waiting for the Rapture
9. The Masterplan
10. Songbird
11. Slide Away
12. Morning Glory
13. Ain't Got Nothin'
14. Whatever
15. The Importance of Being Idle
16. I'm Outta Time
17. Wonderwall
18. Supersonic
encore
19. Don't Look Back in Anger
20. Falling Down
21. Champagne Supernova
22. I Am The Walrus (The Beatles cover)

SET YOU FREE TOUR 2009

1月20日。久々のライブ、そしてライブハウスである。しかもさいたま市に住んでいながら一度も入ったことがなかったHEAVEN'S ROCK さいたま新都心である。

モッシュがあるかもしれんと思ってこれまた久々にコンタクト付けていたら手間取り、6時半開演のところ、ライブハウスに着いたのが6時20分くらいだった。

初めて入ったHEAVEN'S ROCKは外見通りの狭さだった。ギリギリで入ったもののキャパにはまだ余裕がある。HAWAIIAN6という有名バンドが出るにも関わらずこの集客。こういういろんなバンドが出るイベントではあまりチケットが売れないのだろうか?そういや過去、人気絶頂のエルレが出たイベントでも当日券が出ていたことがあった。

そんなこんなしているうちに客電が落ち、一組目のバンドが出てきた。誰かと思ったらSHANKだった。今回のお目当てである。初っ端から出てきたので、時間短いのか~?と少しガッカリする。

アルバム1曲目『Long for the Blue moon』でライブスタート。おお、かっこいい!やっぱ爆音はいいわ。バスドラのズンズン腹に来る感じが良いね。その後は曲順忘れたが『Lamp』とか『BASIC』とかやってたな。時間短いかと思ったが、大体このバンドは1st mini album出したばかりで1曲も短いので、アルバムに入っている曲は大概聴けた。

誰がボーカルかも知らなかったが、ベースがメインボーカルだった。3ピースということでライブは音足りないんじゃないかと思っていたが、勢いがあって良かった。ドラムが超パワフル。ギターもアグレッシブなステージングで魅せる。ラストの『Restart』ではモッシュもおきていたぞ。

SHANKが終わった頃、「俺はRANCIDしか認めねえぜ!」と言わんばかりのモヒカンと鋲打ちの革ジャン、ベルトを着用したパンクロッカーが数名入ってくる(全員がモヒカンな訳ではない、念のため)。モノホンのパンクロッカーは初めて見る。こそこそと隠れ見ていた。

そして始まったのがRADIOTS。リーゼントのベースに腕に墨入れまくったギター&ドラム、見事な金髪のボーカル。俺は後ろのほうで見ていたが、前方ではさっきのパンクス達が狂乱している。なんというか、非常に危険な香りがした。80年代のライブハウスに来たようだ(80年代はよく知らないが)。明らかに今まで行ってきたライブとは雰囲気が違う。最初は少し怖いと思っていたものの鳴らす音は最高のロックンロールでかっこいい!正直、今回のライブでこのバンドが一番良かったかもしれん。機会があればまた観たいものだ。あのパンクス達に混ざってモッシュする勇気はないが(汗)

次がCOBRA。どうやら大阪から来たらしい。平均年齢がかなり高いようだ。このバンドもまた客層が濃かった。大阪から来たのか、大阪弁で声援が飛ぶ。ガチムチのおっさんが何度もダイブしていた。

ちなみにダイブとはステージから客に向かって飛ぶことである。間違えがちだが、客のフロアからステージに向かって飛ぶのはクラウドサーフと言う。

次がSLANG。ハードコアのライブは初めて体験したが、凄まじい重音だった。イントロでジミーちゃんみたいなギターが超絶技巧を披露しているようだったが、他の音でかき消されてしまっていた。もうちょっと音量上げてあげてー!デス声のヴォーカルにギターとベースのスクリーム。腹に来るバスドラ。かっこよかった。

大トリを飾ったのはやはりHAWAIIAN6。ここまで濃い3組を聴いた後だと非常に耳なじみが良い。ここで久々にモッシュに加わった。やはり皆でもみくちゃになって騒ぐのは楽しい。しかし久々なのであっという間にバテた。あと僕は割とタッパがあるせいか、よくダイブ(正確にはクラウドサーフ、ってもういいかあ)の発射台にされる。今回も2人ほど飛ばした。

最後にHAWAIIAN6がアンコール1曲やって終了。モッシュしたおかげで1月の外気も心地よかった。

それにしても今回のライブは見事に客層がバラバラだった。HAWAIIAN6のTシャツを着た若い連中が多かったが、前述のパンクスやガチムチ、見事に禿げ上がったおっさんや小学生の娘を連れたマジメそうなサラリーマンまで。知らなかったバンドも知れたし、いいイベントだった。

サザンオールスターズ「真夏の大感謝祭」30周年記念LIVE

8月17日(日)のサザンオールスターズ「真夏の大感謝祭」30周年記念LIVE2日目に参戦してきた!(完全ネタバレ)

サザンというと俺が音楽を聴き始めたきっかけがサザンだったからね。中1の頃主演の鈴木杏が好きで見てたドラマの主題歌『この青い空、みどり』でハマって、音楽寅さんのライブ映像観て更にハマって、「バラッド3」買って(これが人生で初めて買ったCD)から1年くらいはサザン、桑田ソロしか聴かなかった。

いつかライブ行きたいなと思っていたのだが、今回無期限活動休止ということで今逃すと当分観にいけなくなると思い、e+の先行に応募したら当たったという訳である。ちなみに17日にしたのは最終日は無理だろうし中日で取りやすいだろうと思ったからである。

で、今日はあいにくの雨。まったくYahoo天気は当てにならん。といってもそこまでザーザー降りでは無かったのは助かった。

席はバックスタンド側18列。スタンドではあるがかなりステージに近く、個人的に今まで行った座席指定のライブでは一番の良席だった。なんせ音ズレがしない!しかし俺の位置からは桑田、関口、斉藤の弦楽器陣はよく見えたが松田と原坊が見切れ気味だったのは残念だった。

ライブは5時55分くらいからオープニングアクトでブラスバンドが演奏して、開演時間の6時ちょうどくらいにサザンが出てきて演奏開始した。この前のライブがXで開演2時間押しだったので、きちんと定刻にライブがスタートしたのには感動したね。まあそれが普通なんだろうが。

1曲目は『YOU』。しょっぱなはアップテンポな曲だと勝手に思っていたのでこのゆっくりとした曲調には意表を突かれたな。そして『ミスブランニューデイ』。うおおおかっけー!!次が『LOVE AFFAIR~秘密のデート~』。この曲は初めてバラッド3聴いた時から好きだったので嬉しい。

次がメドレーなんだが、なんと22曲もやっていた!初期の曲をたくさん演奏していて俺には分からない曲も多かったな。なんのせサザンを聴き漁ってたのは8年くらい前だしな。でも『ラチェン通りのシスター』や『Ohクラウディア』、『そんなヒロシに騙されて』とかは印象強かったのか覚えていた。改めて素晴らしい曲だ。あ、あと『Melody』には感動した。俺この曲、サザンの中でも5本の指に入るほど好きなんだよ。桑田自身はあまりこの曲が好きではないらしいが。

途中メンバーが後ろのほうにあるサブステージに移動してアコギで演奏。再びメインステージに戻ってくるときにかなり近い位置を桑田が走っていった。いやあ感動したね。さすが「大感謝祭」と名打つだけはある。

そしてメインステージで『いとしのエリー』『真夏の果実』『TSUNAMI』の三連発。サザン三大バラード(と呼ばれているかは不明)であるこの3曲を一気に演奏するとは何と贅沢な!特に『TSUNAMI』は中1の頃「いつかこの曲を生で聴きたいなあ」と思っていたので念願叶った瞬間であった。

そして次がファンへの感謝の気持ちが詰まった新曲『I AM YOUR SINGER』。この曲好きだわ。この曲ではメンバー全員楽器を持たずPVのダンスを披露。イントロではエクザイルのチューチュートレインの真似をしてたなwそしてここで腰痛でライブ離脱していたはずの毛ガニが登場!この曲のクライマックスで大量の白い風船が宙に舞い、夜空に映えて綺麗だった。しかしあの風船風に流れていっちゃったけどどうすんだろ?とふと思ったり。

そしてラストは『Oh!SummerQueen~夏の女王様~』『エロティカ・セブン』『HOTEL PACIFIC』『ボディスペシャル2』『マンピーのG★SPOT』とハイテンションナンバーで盛り上げまくって〆た。いやあ凄い盛り上がりだったよあそこは。『HOTEL PACIFIC』は当時あのダンスが病みつきになっていたので生で観られて良かったな。

そしてアンコールでは『夕方HOLD ON ME』を歌い上げた後は『みんなのうた』。俺は昔この曲の良さがあまり分からなかったのだが、ライブでは「みんな~で~声上げて~」ってところで踊りだしたくなって、「ああこういう曲だったのか」と分かった気がした。『勝手にシンドバッド』 はラストにふさわしく盛り上がる!この曲パンクだよな~笑。そして本当のラストで『YaYa~あの時代を忘れない~』。桑田この曲好きなんかね?音楽寅さんの最終回もこの曲だったな。死んだユースケ・サンタマリアを思い出すw

他にも『Bye Bye My Love』や『愛の言霊』、『涙のキッス』等、聴きたい曲はほぼ全部聴けて大満足のライブだった。メドレーの1曲1曲も合わせると46曲もやったことになる。すごいwwwここまで大ボリュームのライブは初めてだ。

演奏はさすが30年活動しているだけあって円熟の域に達していた。桑田のギターソロもかなり上手い!が、やはりスタジアムだけあって音響はあまり良くないね。知らない曲演奏してるとどんな曲だかよく分からない^^;

MCでは相変わらずのシモネタトークもあったが、すごい感謝の気持ちを述べてたな。あと「いつか戻ってくる」ってことを強調していたので一安心だ。

いやしかし素晴らしいライブだった。ロックショーとして完璧だったんじゃないだろうか。最高!



ところで帰りの電車内で明らかにコミケ帰りの二人組を見た。初音ミク他様々な萌え系キャラが描かれた紙袋を4つほど持っていたので間違いない。で家に帰ってコードギアスを観たが、展開鬱すぎ。ナナリーはシャルルが時空転移させて助かった説は完全に否定され、マジで死んだ可能性が大。あんなあっさりと死ぬのか?マジか?!とうとうロロも死んじゃうし。黒の騎士団からは裏切られるし。スザクは狂ったように笑ってるし。ミレイが生きてたのがせめてもの救い。次20話だから後5,6話で終わるんだよな?さてどうやって〆るのやら。まあどんなラスト迎えてもここまでの鬱展開を吹き飛ばせるほどのハッピーエンドは無さそうだな

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。