スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08夏アニメ一口感想

とりあえず個人的に面白かった順で。完全ネタバレ



1.コードギアス 反逆のルルーシュR2
 『百万のキセキ』とかルルーシュ皇帝とか公式はまた嘘を吐いたとか、特に終盤は超展開が目立っていたが最終回は良かったよ。まあルルーシュ死亡は予想通りっちゃ予想通りだが、実際そうなるとやっぱり寂しいね。「もうルルーシュに会えないのかあ」なんて腐女子めいたことまで考えてしまったよ(笑)まあ実際腐女子はもっと凄そうだけどね。リアルで昨日今日泣き臥せった奴多そう。ニコ動でもギアス関連動画がランキング上位にたくさん食い込んでいるが、その動画に必ず付けられている「世界で一番優しい嘘つき」ってタグは正直キモイので止めてもらいたい。しかし世界を救うために自分が死ぬとか、ルルーシュってそんなにいい奴だっけ?(笑)あと、ナナリー役の名塚さんの演技。あれが一番感動したわ、すげえ。


2.マクロスF
 「君は誰とキスをする~♪」って結局選ばないっていうね(笑)アルトも堂々と「おまえは俺の翼だ!」とか言ってるし。劇場版やるって話だが、続編やるのかな?まあ多分総集編だろうけど。しかし最終話のメドレーの中の激しい闘いはすごかったっすね~。


3.鉄腕バーディー
 好きだわこういうの。作画も良かったし。2期やって欲しい。


3.ひだまりスケッチ×365 
 3位は2つ。どっちか決められなかった。いや~ひだまりいいよ癒されるよ。俺は宮子が好きだね。水橋かおりが好きっていうのもあるけど、天真爛漫でいいよ。


5.我が家のお稲荷様。
 これもまったりしていて良かった。放送前のCMでは、天狐空幻がゆかな×中村悠一のW主演ということをやけに押してた気がするんだけど、実際始まってみるとほとんどゆかなばっかりで中村悠一は空気でした。たまに出てきたら出てきたで違和感あるし。これ男にも女にもなれるって設定、要ります?


6.恋姫無双
 まさか劉備が悪役とは(笑)ゲームには出ないしアニメじゃ悪役だしで散々ですな。しかし作画は良かったっていうか、好きですね。あと青山ゆかりをもっと出してくれ!


7.乃木坂春香の秘密 
 乃木坂春香かわいかったっす!!正直アニメに出てくるオタク少女ってKY気味というか、若干ウザイのがデフォだと思うが、春香は純真でよかった。まあ狙いすぎっちゃ狙いすぎだが。こんなオタクいねーよとか言うな!いいじゃない、夢みたいじゃない!!


8.薬師寺涼子の怪奇事件簿
 はじめ刑事物のサスペンスだと思っていたんだが、人間が爆発してミイラになったり怪物が現れたり東京で戦争始めたりと、完全にファンタジーでした、本当に(ryでも結構面白かった。


9.スレイヤーズREVOLUTION
 2期に続く的な、それなら最初から2クールでやれ的な終わり方でした。まあ感想としては普通。しかし林原めぐみの声が深夜帯に聞けることはまたしばらく無いと思うと貴重か。


10.ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~
 2期は正直糞だったが、この3期はまだマシでしたね。2期で殺したコルベール先生が実は生きていたんだよ!(な、なんだってー!!)展開は萎えましたが。でもこれも3期が悪いんじゃなくて2期が悪い訳ですから。2期はマジで黒歴史ですね。最終話、命がかかってる場面でうだうだ言うルイズがウザかったんですが、最後のキス顔でどうでも良くなりました。あとゼロラジは続いて欲しいなあ~永遠に。


11.セキレイ
 おっぱいでかすぎ、きめえwww



ちなみに今期話題をさらった「ストライク・ウィッチーズ」は時間の都合上、観てませんでした。来期はやはりクラナド アフターですね。
 
スポンサーサイト

鬼ノ仁 お薦め順

 私が大好きな漫画家の一人に鬼ノ仁がいる。成年漫画家である。要するにエロ漫画家である。特徴としてはかわいい女の子にリアルな性器描写が挙げられるだろう。特に女性器の卑猥さと言ったら「女性器より女性器らしい」と言っても過言ではない。私自身あまり成人漫画界には詳しくないのだが、この人の出した漫画はほぼ読破したのでお薦め順に紹介したい。

※以下18禁









1.活線挿抜
kassensoubatsul.jpg 
 鬼ノ仁、唯一の長編(他は全て短編集)。本人はストーリーに納得がいってないようなことを書いていたが、はっきり言って私にはエロ漫画においてストーリーなぞどうでもよいのだァ───ッ!!問題は抜けるか、抜けないかだ。長編ということで当然短編集に比べて登場人物も少ないのだが、それぞれキャラが立っているのであまり問題ない。個人的にはショートカットの子とツインテールの子がお気に入り。逆にメインヒロインの西田さんでは何故か抜けない。ほとんどが和姦で鬼ノ仁作品にしては珍しく血が出ないので初めての人にはこれがお薦め。


2.肉体関係
nikutaikankei.jpg
 鬼ノ仁史上最も買いにくいジャケだが(笑)、ロリありメイドありと盛りだくさんの内容。勿論JKモノもある。確か「活線挿抜」と同時発売だったと思うが、個人的に鬼ノ仁はこの辺がピークだなあ。『きみのなか』に出てくる浅川さんは個人的に鬼ノ仁キャラの中で1,2を争うほど好き。メイド物を3話やるよりは短くして他のジャンルを入れて欲しかったが。


3.個人授業
個人授業
 現在最新作。なんかキャラの顔が変わったような気がする。正直キャラもマンネリ気味でみんな似たような顔や髪型をしているのが残念。だがエロさは相変わらず。大学生モノが新鮮でいい感じ。


4.近親相姦
近親
 「近親相姦」という題だが、近親相姦モノは最初の2話だけ。他の作品と比べて背表紙が厚くて得した気になるが、この作品には一つ大きな問題がある。裏表紙見たときから嫌な予感がしていたが、この作品にはスカトロが1話含まれている。これは勘弁してほしかった。『SCA80P CONNECTER』という話なので苦手な人は飛ばそう。あと最後のほうの4話連続の話もちょっと長いかな~。


5.不純異性交遊
不純
 私が初めて読んだ鬼ノ仁作品はこれなのだが、はじめ読んだ時はリアルさと内容に吐きそうになった(笑)内容は和姦と陵辱が半々くらいなのだが、全体的に雰囲気が暗い。ちなみにこれは2作目なのだが、これより後の作品は和姦メインで、これ以前の作品は陵辱メインとなる。この作品はキャラが充実している点がお薦め。陵辱系が好きな人はこれが一番かも。


6.制服少女
制服
 鬼ノ仁処女作。陵辱メインで流血しまくり、絵もまだ発展途上なのであまりお薦めしない。私はこれ買って30分で捨てた(笑)だが馴れてくると結構イケる

初心者のための電子掲示板の歩き方

 私は重度のねらーというわけではないが、電子掲示板において初心者が引っかかりそうなこと(というか事実私が引っかかったこと)をさらっと紹介。とりあえずこれだけは押さえておけ!


①ID
 2ちゃんねるは匿名掲示板であり、多くの人間はハンドルネームを使わず名無しで書き込んでいる(たまにハンドルネームを使う人間もいるが、「コテハン」と呼ばれ嫌われるのが常)。なので一見すると誰が誰だか分からないが、実は人によってIDというものが違っている。これによって一応の区別は付くので自演するとすぐにバレる。気を付けよう(たまにIDが表示されない板もあり)。また「おまえ携帯から書き込んでるだろ」などとズバリ当てられても、「ヤバイ、ハッキングされた!」と焦る必要は無い。これはIDの末尾が0ならPC、Oなら携帯で表示されるので誰にでも分かるのである。

②リモートホスト
 リモートホストとはネット上の住所みたいなものである。2ちゃんねるでは基本的に表示されないが(例外で表示される板も有り)、他の掲示板だと表示されるところもある。また、ホームページの管理人には自分のリモートホストは確実にバレている。ネット上で口論になったりした場合、「おまえ○○市に住んでるだろ。今度ボコりに行くから」と言われても布団の中でガタガタ震える必要は無い。リモートホストから分かるのはせいぜい何市に住んでいるかとプロバイダくらいのもので、個人には詳しい住所などは絶対に分からない。だが警察にかかるとすぐ住所を調べ上げられて乗り込まれるので、犯罪予告などは絶対に止めよう。また、会社からアクセスすると会社名がバレるので気をつけよう。

③2ちゃんねるは有料ですか?
 たまに「今月の2ちゃんねる代は?」などと初心者の不安を煽るスレが立つことがある。2ちゃんねるは無料である(金を払えば更にサービスを受けられるが)。大概その手のスレは「名前欄に『fusianasan』と入力すれば登録完了」などと書かれてるが、この通りにするとリモートホストが表示される。この他にも色々なパターンがあるが、「『fusianasan』を入力せよ」というスレは大概が釣り(トラップ)であると考えてよい。まあ上に書いたように別にリモートホストがバレたくらいでビビる必要は全く無いが、自分のリモートホストが衆人の目に晒され続けるのはあまり気持ちのいいものでもないので気をつけたほうがいいだろう。ちなみに2ちゃんねるでは自分の書いたレスを削除することは出来ない。よく考えて書き込もう。

④「死ね」○「殺す」×
 最近ネット上で殺人予告が相次いで捕まってみると大抵無職で「無敵の無職様」と呼ばれているこのごろだが、2ちゃんねるで「○○殺す」はタブーである。犯罪予告ととられて人生終わります。ムカついてどうしても一言言いたいのなら「死ね」で我慢しておこう。本当はそんな言葉は使わないのが一番。


 とりあえず思いつくのはこれくらいだろうか。あとは習うより慣れろ!ただ2ちゃんねるにハマると怒りっぽくなったり口が悪くなったり差別的になったり思想が右に偏ったり知らなければ良かったことを知ったりするので、あまり長時間の使用はお勧めましません。

X JAPAN 6人目のメンバーは誰か?

 今X JAPANのファンの間では「6人目のメンバーは誰か?」で話題がもちきりである。というのもリーダーのYOSHIKIがインタビューで「実は6人目入りました」と答えたからだ。1998年にギターのHIDEが急逝したことで復活は絶望的と言われていたX JAPANだが、2007年奇跡の復活!2008年に行われたライブではサポートギタリストを迎えつつ、ほとんどの楽曲では生前のHIDEの音や映像に他のメンバーが合わせるという状態だった。しかし今回6人目が正式加入という。当然ファンの間では賛否両論、そして一体それは誰なのかということが盛んに議論されている。そこでネットで6人目に有力視されている人物を数名紹介しよう。ちなみにYOSHIKIの話によれば6人目は「日本人で恐らくみんなが知っている人」ということである。


1.SUGIZO
 LUNA SEAのギタリストでHIDEの弟分のような存在だった。今年行われた復活コンサートではサポートを務め、『Silent Jeolousy』ではPATAとのツインソロも披露した。また、YOSHIKIとはS.K.I .N.というバンドを組むなど交流も深い。6人目のメンバーで一番名前が挙がるのがこのSUGIZO

2.雅-miyavi-
 Xのメンバーと比べると一回り以上年齢が若いが、かなりHIDEに影響を受けたルックスをしている。SUGIZO同様、YOSHIKIとはS.K.I .N.で同メンバー。ギターテクも凄いものがある。

3.TAIJI
 Xのベーシストだったが92年にYOSHIKIとの確執から脱退。その後ホームレス生活を送るほど没落してしまうが、HIDEの葬儀でYOSHIKIと再会、その時和解したらしい。ベーシストだがギターの腕はHIDEが「俺には弾けない」と言うほど上手いらしい。だが先に述べたホームレス生活の影響や2005年にはバイク事故を起こして大怪我をするなど身体的にはYOSHIKIよりもボロボロなので、世界を飛び回ってウン万人もの観客の前でステージに立てるかどうか…。

4.小室哲哉
 「YOSHIKIの猛獣使い」と呼ばれているこの男。過去にはV2と言うユニットをYOSHIKIと組んでいたこともある。また、2002年にglobeにYOSHIKIが加入したことがあったので、今回は逆にXにTKが入るかも!?最近借金で首が回らないという噂のTK。X加入を持ちかけられたらノってしまうかも。ちなみにギターの腕前は不明。

5.KIYOSHI
 hideのソロツアーのメンバーであり、Spread Beaverのギタリストである。当時はオレンジ色の頭で目立っていたが、今は大分落ち着いている模様。ギターテクは申し分ないだろうが、YOSHIKIと仲が悪いという噂を聞いたことがあるので微妙か。また同じくSpread BeaverのギタリストKAZも候補に挙げられるが、最近HYDEとユニットを結成したばかりなので難しいかも。

6.布袋寅泰 
 この中では最も名の知れたギタリストであろう。hideのトリビュートアルバムで『ROCKET DIVE』をカバー。「さらば真っ赤な頭の宇宙人」と泣かせる歌詞を入れていた。テクに関しては言わずもがな。が、過去にライブの打ち上げでYOSHIKIと喧嘩、YOSHIKI布袋の泊まっているホテルに怒鳴り込んだという事件があって以来仲が悪いらしいので無いか(ちなみにその後布袋に謝りに行ったのがHIDE)。


と名前を挙げてみたが、一体誰になるのか全く分からない。もしかしたら全く違う人物になるかも知れないし。ギタリストですらない可能性もある。近々カウントダウンライブの詳細が発表されるらしいが、その時に一緒に発表されるか!?
(文字通り)震えて待て!!

くりぃむナントカ 最終回

今日でテレ朝で放送していたテレビ番組「くりぃむナントカ」が最終回を迎えてしまった。ゴールデン移行後2クールもたずの終了、つまりは打ち切りである。

「くりぃむナントカ」はもともと深夜11時15分から放送しており、そのゆる~い内容で人気を得た番組である。「芸能界ビンカン選手権」や「芸能界ナンバー2選手権」等、非常に下らない上に派手さもないが、そのゆるさが深夜とマッチしていて面白かった。が、この4月からゴールデンタイム、しかも「クイズ!ヘキサゴンII」の裏に移行することとなり、司会のくりぃむしちゅー本人ですら「バカじゃねぇのと反対した」と言うほど無謀なものに思えた。実際始まってみると大方の予想通り裏番組に惨敗、今回打ち切りとなったというわけである。

個人的に「クイズ!ヘキサゴンII」は好きじゃないし他にも水曜日は面白いテレビ番組が入らなかったので水曜の7時に移ってくれたのは少し嬉しかったが、今ノリに乗っているヘキサゴンの裏じゃ厳しいだろうなあと思っていた。というか、最初のほうこそ毎週観ていたが最近全然観てなかった、スマン。ヘキサゴンが裏にあることを除いても、やっぱりゴールデン向きじゃなかったなあこの番組。

最終回ではレギュラーのくりぃむしちゅー、大木アナの他に次長課長、バナナマン、土田と深夜時代からよく出演していたメンバーが出演していた。おぎやはぎが出演しなかったのは残念だったが。最後には竹山も出てたな。

くりぃむしちゅーの番組で深夜からゴールデンに移行したと言えば「くりぃむしちゅーのたりらリラ~ン」や「銭形金太郎」(これはネプチューンがメインだが)も好きだったんだが、この2つもゴールデン行って終わっちゃったしな。もったいないね。「Qさま!!」なんかはゴールデン移行後も結構視聴率がいいらしいが、なんか最近はプレッシャーSTUDYばかりやっていて最近乱立しているそこらのクイズ番組と変わらん内容でつまらん。10m高飛び込み対決とか全員で鬼ごっことか解散ドッキリとか面白かったのになあ。とりあえず雨トーークだけはゴールデン移行を避けてもらいたい。切実に。

追記
「明石家さんちゃんねる」も今日で最終回だったね。あまり観てなかったけど、終わると寂しいなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。