スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

              41oyrcq8ss.jpg


YOSHIKI/佳樹  小松成美


Caution:ネタバレ有り

 以前から出る出ると言われて結局出なかったYOSHIKIの自伝が遂に発売された。2310円という値段から熱心なファンしか買わないだろうと思っていたが、これがバカ売れしているらしく書店から姿を消しているらしい。私もたまたま書店に1冊だけ残っていたのを見つけて買った。
 実に487ページもある分厚い本で、かわいらしい子供の頃や中学・高校のヤンキー時代など、今まで公にされてこなかった上京以前の写真も多数掲載されている。てっきりインタビュー形式なのかと思っていたが、小説のような形式で書かれていて一気に読めた。
 帯には「初めて明かされる真実!衝撃のノンフィクション!!」と書かれているが、彼の本名が林佳樹であることや父親の自殺などはファンにはよく知られた話であった(どこから仕入れてきたんだろうか?)。しかし彼の口から当時の心情について語られるのは初で、特に父親の自殺はその後のYOSHIKIの生き方や考え方に多大な影響を与えたことが分かる。
 この本はHIDEが急逝した時の話から始まる。ここは当時HIDEの死を経験したファンには涙なしでは読めないに違いない。私も目頭が熱くなった。
 その後YOSHIKIの生い立ちからX結成、解散、そして再結成へと章は続く。大体知っている話だったが、かなり詳しく書かれている。特に省略されがちなJUNや、YOSHIKIとTOSHIと共に結成時のメンバーであったTERRYなど、インディーズ時代のメンバーについても言及してあるのは良かった。
 今まで公開されなかったバンドの内部事情なども書かれている。HIDEがTAIJIに不満を持っていたとは知らなかった。TAIJI脱退の真相は、TAIJIがYOSHIKIとの約束を簡単に破ったからだと言う。その約束とは一体なんだったのであろうか?まあ邪推は止めておこう。また、YOSHIKIのHIDEに対する不満なども書かれている。今までXの解散は一方的にTOSHIが悪者になっていた感があるが、バンドとしては来るところまで来ていたのかもしれない。
 また、GLAYとの確執を思わせる文も書いてある。以前からYOSHIKIとTAKURO不仲説はあり、ヒデサミに出なかったことでそれが決定的になった感があったが。また、実名こそ挙げていないが工藤静香との出会いと別れも書いてある。ここはかなりぶっちゃけたなと思った。
 というわけでなかなか面白い本だった。ここでは個人的に衝撃的だった事実ばかり挙げてしまったが、壁をぶち壊して爆走するYOSHIKIの姿には感銘を受けた。Xというバンド、そしてYOSHIKIの人生がいかにドラマチックかということが分かる。というか、インディーズ時代のYOSHIKIを支えた母親がすごい。月50万円の仕送りをしていたらしい。大卒の月給の2倍以上ですぜ!?また、アルバム制作のために1000万円振り込んだとか。もうメチャクチャ。しかし概ね良かったこの本だが、不満点を挙げれば登場人物の話し方が不自然に感じた。どうも実際のメンバーのしゃべり方とかけ離れていて、上手くイメージを浮かべられなかったのが残念だ。
スポンサーサイト

              51r-m-QmpKL__SL500_AA240_.jpg

Trash We’d Love  the HIATUS

1. Ghost In The Rain
2. Lone Train Running
3. Centipede
4. Silver Birch
5. 堕天
6. Storm Racers
7. Little Odyssey
8. The Flare
9. 紺碧の夜に
10. ユニコーン
11. Twisted Maple Trees

 ELLEGARDENのボーカルでメインソングライターの細美武士ソロプロジェクト1作目。バンド名はthe HIATUS。ベースに元ミッシェルのウエノコウジ他、実力派揃いのメンバーで制作された。中でも今回はピアノが入っているということで、エルレとは違ったサウンドが期待された。
 細美の書く曲が音源化されるのは2006年の『ELEVEN FIRE CRACKERS』以来、実に3年ぶりである。細美のメロディーの大ファンである俺としてはまさに待望、発売日の1日前に学校サボってフラゲして来た。ここまでCDの発売を心待ちに出来るアーティストは細美とYOSHIKIくらいである笑。
 そして聴いた感想。やっぱりこの人の書く曲大好きだ!そしてサウンドにピアノが入ったことで細美のメロディーの美しさ、優しさが際立っている。①はそんなthe HIATUSを代表する名曲。そして個人的には③のサビの切なさで鳥肌が立った。④は今までなかった優しい曲。⑦はバックがピアノ1本という、エルレでは考えられなかった曲。伴奏ピアノだけで歌うには少し細美の歌唱力不足な気はしたが。⑧はちょっとMuseっぽいが、ダークでかっこいい。⑨はアルバム中一番ポップで、「ジターバグ」に通じるキャッチーさ。ライブで盛り上がりそう。ラストは感情を抑えた演奏からじわじわと盛り上がり、中盤一気に爆発するエモーショナルな曲で幕を閉じる。
 素晴らしいアルバムだ。昨日からひたすら繰り返して聴いているが、毎回新たな発見がある。これは今年一番聴くことになるだろう。幸運にも7月のthe HIATUSワンマンライブに当選したので、この曲がライブでどのように鳴らされるか、今から楽しみである。

X JAPAN WORLD TOUR Live in TOKYO~攻撃続行中~  ~18回目の夜~SPECIAL

去年の復活ライブ初日でひどい目に遭おうともライブがあると聞くと行きたくなるのがファンの性。


ということでこの不況下において12800円もの高額チケット(手数料その他含めると14000円くらいになった)をほいほい買って東京ドームへと向かった。


去年は開場ギリギリくらいに行って4時間待たされたので、今回は開演1時間前に行くことにする。


ドームに着くといるわいるわ、色とりどりの頭の姉ちゃん(+オバサン)があちこちでたむろしている。各メンバーの格好が落ち着いた今、ファンが一番ヴィジュアルショックである。


俺はグッズも買わないので、一通りドーム付近のコスプレを見物するとさっさとドームに入った。


ちなみに俺の席は41ゲート2階22列という、ヤフオクならペアで3000円で投売りされているレベルの糞席である。俺は正規で買ったのでしっかりと1万4000円払った。しかもこの席でS席とかもうね。


この2階の40、41ゲートは何故か2ちゃんねらー当選率がやけに高く、2ちゃんのXスレでは「伝説」と称されているゲートである。


一説では申し込みが一人分だとこのゲートの召喚される率が高くなるらしい。成程、確かに俺の前後左右、誰も隣の人と話していない。


そう言う俺も一人参戦だったので、開演まで持ってきた本を読んで過ごした。


会場にはXのバラードをオーケストラアレンジした曲がSEとして使われていたが、その中に知らない曲があった。しかもその曲で鳴っているエレキギターの音がどうもSUGIZOっぽい。あのビブラートはSUGIZOだと思う。まさか新曲か?


さて、開演時間5時を20分少々まわったところで客電が落とされた。観客は総立ちうおっあかるいっ

もうこの季節だと5時過ぎではまだ外は明るいのだ。そのため客電を落としても外の光が結構入って真っ暗にはならない。


な~んか感じでないなか、Amethystが流れ始めた。


そしてピアノを奏でるYOSHIKIが登場、隣に来たTOSHIが歌いだしたのは「RUSTY NAIL」。


あ~RUSTYか…。オープニングがRUSTY NAILなのって94年から変わってないよなあ。などと思っていたらあの印象的なイントロが。


そこで少し今までと変化があった。そのイントロが延々流れてその間にメンバー紹介をするのである。On GuiterにばっちりSUGIZOも入っていた。


そしてYOSHIKIのカウントから火柱ドーンで『RUSTY NAIL』。去年はHIDEの録音した音源を使っていたためいまいち迫力が無かったが、今回は初っ端からSUGIZOが弾いているので迫力十分である(これは録音した音源と生音の違いで、HIDEよりSUGIZOが云々という話ではない、念のため)。


その後TOSHIの「元気だったかー!」MCをはさんで『WEEK END』。ちなみにこの流れは96年から変わっていない。


まあそうは言っても『RUSTY NAIL』も『WEEK END』もあと何回生で聴けるか分からんし、始まってみると十分楽しめたので良しとしよう。


さて、次に『DRAIN』辺りが来るといよいよマンネリだなと思い始めた矢先、TOSHIが「おまえ達にプレゼントを用意してきた」とのMCが。なんだ?もしかして新曲か?


「Xの新曲聴いてくれー!『JADE』!」

おお新曲きた!重いサウンドにTOSHIのボーカルがってドームの音響悪くてよく分からねー!


まあでもいかにも最近のYOSHIKIって感じの曲だった。あと間奏後のサビが美しかった。


その後予想通りの『DRAIN』。


そしてしばらく暗転したまま待たされること数分、何か曲が聞こえてきたぞ…?TOSHIのソロ曲だーッ!


XのライブでTOSHIのソロ曲を流すなんて復活前では考えられなかったこと。果たしていいことなのかどうなのか。なんとも複雑な気持ちになった。


そしてTOSHI、PATA、HEATHによるアコースティックコーナー。演奏前にTOSHIによる長いMCが。


「今回のドームが最後になるかもしれないし…」という不吉なMCには観客からえーっという声が。それに対して「俺たちはやりたい」と言ったTOSHIにほっと安心した。のもつかの間、


「本当にね、いろいろな邪魔をされて…」ん?なんか雲行きが怪しいぞ?


「それでも純粋に生きていこうぜえーッ!」うわ出た、スーパー説法タイム。


もうそういうのは自分のソロだけにしておいてくださいよ。


いや、言っていることは間違ってはいないのだが。どうにもTOSHIの口からそういう言葉が出るとね。


アコースティックコーナーが終わると今度はYOSHIKIが登場。ピアノソロかと思いきや、少し弾いただけですぐに『Tears』に入った。この曲は本当に美しいね。


『Tears』の後はSUGIZOが登場。YOSHIKIのピアノとヴァイオリンでセッションする。なんという音の美しさ。この音楽の神に愛された男め!さすが、本名が杉原有音なだけはある。


SUGIZOが紅の旋律を紡ぎだす。そしてTOSHIが登場、ピアノとヴァイオリンの伴奏で歌い上げる。これは新しい。新しくて良いのだが、また一つHIDEの場所が失われたなと少し寂しくもあった。


「紅だーっ」というお馴染みの叫びで疾走、これまたお馴染みの金テープも吹き出る。ヘドバンしまくり、歌いまくり、最高!


そして「ラストナンバー行くぜーっ!お前ら、暴れん坊将軍で行けよーっ!」とのMCから『オルガスム』へ!去年は体験出来なかったので、生オルガスムである。…いや、そういう意味じゃない。


さて、ねらーとぼっちが多いとされる41ゲートだが、これがかなり盛り上がっていた。俺の周りは何故か男ばっかりで、みんなハッスルしすぎてだんだん汗臭くなってきた。というか、俺のワキもかなりヤバイ。ワキの臭いを気にしつつも拳を突き上げて叫んだ。「コイ、コイ、コイ!」


YOSHIKIはステージ下に降りてファンとハイタッチを交わすなど大サービス。会場のボルテージは最高潮に達した。


ここで本編は終了。長い待ち時間が。スタンドはウェーブなんかやったりして遊んでいた。


しばらくして暗転。しかし去年はアンコール一発目がVIOLET UKだったので立たないでいたら、やはり今年もそうだった。


観客も分かっているのか、席も立たなければ歓声一つ送らず、ただ傍観するのみ。およそ熱狂的なファンで知られるカリスマロックバンドのライブ中とは思えないほど会場は静まり返っていた。さっきまでの興奮は何処へ?まあVIOLET UKはまずCDを出せと。話はそれからだ。


しかしここで驚愕の演出が。思いっきり盛り下がったVIOLET UKが終わった瞬間、ドラムの横に立っていたのはYOSHIKI。よ、よっちゃん、いつからそこに…?汗


そのままYOSHIKIのドラムソロへ突入したのだが、YOSHIKIはVIOLET UKのあまりの盛り上がらなさに多大なショックを受けたように見えた。


しかも観客もVIOLET UKで盛り下がっていてすぐにはテンションが上がらない。可動式ドラムセットが動き出してもいまいち盛り上がりが…。


しかしYOSHIKIのドラムソロはマシンガンのようなバスドラや変幻自在なタム回しなど、解散前くらいの腕に戻っているように見えた。格好良かった。YOSHIKIはこうでなくっちゃ。


ドラムソロが終わりYOSHIKIが倒れこんでいると、TOSHIの歌声が。『Without You』だ。


ゆっくりと歌っているTOSHIの元へ歩いていくYOSHIKI。そして二人はがっちりと抱き合った。

この演出もうええわ。なんかやればやるほどLAST LIVEの感動が薄れていくような。あの時はマジでYOSHIKIとTOSHIは口もきいていなくて、それでも『Forever Love』のあの時に泣きながら抱き合ったところに感動が云々。なんかやりすぎてギャグになっているというか、客も「キャー!」とかじゃなくて普通に拍手してたし。


しかし最近のTOSHIはマジですごい声が出てるね。この『Without You』なんか去年の比じゃなかった。今が全盛期なんじゃ?ってくらい。音程も安定してるし。去年はまだ癒しの歌い方が残っていてそれが気持ち悪かった。


これでアンコールも終了。更なるアンコールを求めて待っているが、客電が付き始める。


あれ?YOSHIKIマジでVIOLET UKに盛り上がらない客に腹を立てて帰っちゃったかな?などと考えていたら、完全に客電がついて明るくなってしまった。


とそこに『World Anthem』が。そしてメンバー登場。この曲が流れたということは次は『X』か?やっちゃうのか?先日東京ドームから「ジャンプ行為を誘発しない」という誓約書を書かされたという話だが?


ところが『World Anthem』が終わるというのにYOSHIKIはまだステージ上で寝転んでいる。そして『World Anthem』が終わった途端、おもむろにピアノを弾き出した。『I.V.』だ。


そうか~『X』やらないのか~と残念に思いつつも、『I.V.』を楽しむ。この曲はライブで真価を発揮するね。ファンのコーラスとTOSHIのボーカルの掛け合いが美しい。


この曲の途中でフランスと韓国のファンをステージに上げ、抱擁するというサプライズが。しかし残りの4万99XX人の日本人ほったらかし。

ここは東京だぜ?

しかし韓国は公演1週間前に延期、フランスに至っては2度も延期してしまい、現地のファンも怒り心頭だというので、フォローは必要だったか。


それにしてもフランスのファンの姉ちゃんはかなりの美人だった。


そして次の曲はお待ちかね『X』だ!やはりこの曲があるのと無いのとではライブの満足度が違ってくる。


「ジャンピング行為禁止」ということを思い出して初めの「X!」は客の様子を見ていたが、みんなガンガン飛んでいたので俺も飛んだ。うわぁやっちまったなX。TOSHIもガンガン飛んでどう見てもジャンプを誘発している。だが、それがいい。ルールに縛られているなんてXじゃあないぜ!X!感じてみろ!叫んでみろ!心燃やせ!

途中メンバー全員が花道に出てきて「We Are!」と叫ぶシーンがあったのだが、あのPATAが「We Are!」と叫んだのには感動した。そして笑った。先生最高ッス!


『X』で2度目のクライマックスを迎えたところでTOSHIの「本当はこれで終わるつもりだったけど…」とのMCで『ENDLESS RAIN』へ。ライブの〆はこの曲だよなあ。俺も念願の『ENDLESS RAIN』合唱にやっと参加することが出来た。


サビを合唱するファンを残してメンバーが去っていく。それでもファンの合唱は続く。正直この合唱シーンはDVDだと長くて飛ばしてしまうのだが、実際その場にいると長く感じないから不思議である。


そして聞こえてきたのは『ART OF LIFE』のイントロだ。「うおおおお」と客席がどよめく。YOSHIKIが現れ、ゆっくりとピアノを奏で始める。第二楽章のピアノソロからの演奏だ。


長いピアノソロを経て爆発するバンドサウンドへ。去年は破壊で前半部は聴いたものの創造に行けなかったため後半は聴けなかった。これでやっと『ART OF LIFE』を全て聴いたことになる。


ここでもTOSHIの声はすごい出ている。93年にはかなり苦しそうに歌っていたが、高音が綺麗に伸びている。PATAも去年のような凡ミスはない。YOSHIKIは全盛期そのままにドラムを叩きまくっている。素晴らしい『ART OF LIFE』だった。

この曲を完走してYOSHIKIがぶっ倒れる。そのままSay AnythingのSEが流れる。ライブの終わりだ。


各メンバー客席に別れの挨拶をしている。YOSHIKIも最後の力を振り絞ってステージを走り回る。


TOSHIがデカイぬいぐるみを持って中央の花道に歩いてくる。金髪で髪を立てているので一瞬TOSHIに見えたが、初代破滅の頃のHIDEだ。


TOSHI、YOSHIKI、PATA、SUGIZO、HEATH、そしてHIDEが手を繋ぎ、万歳をしてライブは本当の終了を迎えた。メンバーがステージから見えなくなっても、会場は温かい拍手で包まれた。


時計を見ると、ライブ開始から4時間が経っていた。


いやあ今日のライブは最高だった。やっとXの本当のライブを観た気がする。去年の初日が終わったときのファンの憮然たる顔やなかったが、今回は皆満ち足りた笑顔で帰途についていた。やはり最終日に限るな!





と思ったら初日『DAHLIA』『CELEBRATION』『ROSE OF PAIN(acoustic)』をやったらしい。orz


まあ感動したからいいか!



セトリ
01. Amethyst (SE)
02. Rusty Nail
03. WEEK END
04. JADE(新曲)
05. Drain
06. 大切なもの (SE)
07. Longing (acoustic) featuring TOSHI, PATA, HEATH
08. Tears
09. Piano & Violin~紅
10. オルガスム
=====EC1=====
11. VIOLET UK Fashion Show
12. Drum solo
13. Without You
=====EC2=====
14. World Anthem~I.V.
15. X
16. ENDLESS RAIN
17. ART OF LIFE
18. Say Anything (SE)
19. Forever Love Last Mix(SE)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。