スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーペーパー御三家

 とにかく高校時代は金が無かった。聴きたいCDは山ほどあるが金がないので、TSUTAYAの半額クーポンが出る日に一気に借りる。本も買うと高いので、同じ本を繰り返し読んでいた。そんな時重宝していたのが店においてあるフリーペーパーである。『ご自由にお持ちください』と書いてある類のもののことである。今回紹介するのはそんなフリーペーパーの中でも中身が充実しており、私が「フリーペーパー御三家」と勝手に呼んでいたものである。


1.VA
VA.jpg
 TSUTAYAが発行しているフリーマガジン。大手出版だけあってサイズも大きいしページ数も多い。内容は新発売のCDやDVDの紹介、新作映画の出演者へのインタビューなど。このインタビューも大手出版だけにトップ女優・俳優が出てくる。紹介しているCDはJ-POPなどの一般向けが多い。


2.UNGA!
UNGA.jpg
 とにかくマイナーな日本人アーティストのインタビュー記事がほとんど。この雑誌の編集長も「日本一敷居の低い音楽雑誌」と言っていたが、掲載されているアーティストのほとんどがメジャーデビューしているにも関わらず名前を聞いたことすらないというのは、音楽業界での成功の難しさも感じさせたりする。この編集長がツダケンという人なのだが、巻末の読者のお便りコーナーに答えていたりインタビューのほとんどを手がけていたりと名物編集長となっている。写真は今や大人気のPerfumeを、2年前の2006年に表紙・特集した号である。『彼女たちがロック界を変える!』と異常なまでによいしょしているが、後に大ブレイクしROCK IN JAPAN FESTIVALやSUMMER SONICにも出演したことから先見の明があったことが分かる。これを読んでいると未来の大物アーティストに出会えるかも。


3.DGTABLE(デジタブル)
DGTABLE.jpg
 私が一番好きだったフリーペーパーである。内容は洋楽の新譜紹介がメイン。ロック色が強く、マニアックなパンクやメタルバンドの新譜も紹介している。何より特筆すべきは雑誌中ほどに入っている過去の名盤特集。例えばギター、ベース、ドラム、ヘヴィロック、UKロック、プログレ、ファンク、ソロ作品などのテーマ別に過去の名盤を詳しいコメント付きで紹介してくれるのである。私は高校時代、これを読んではCDレンタルして過去の名盤を聴き漁っていた。高校時代、エロ本の次にお世話になった雑誌である。この雑誌の編集長スミーゴ氏も名物編集長で、シモネタ全開の巻末コーナーやロック愛に溢れた名盤紹介など非常に面白かった。この雑誌自体はまだ続いているようだが、この前久々に見たら編集長が変わったのか遊び心のない普通のフリーペーパーになってしまっていて残念であった。


 あとはタワレコのフリーマガジンもページが厚い上に相当マニアックだが、家の近くにタワレコがなくてあまり読んでいなかったので今回はスルー。あとフリーペーパーではないが、進研ゼミのDMに入っている漫画にも毎回楽しませてもらったが、その話はまた改めて。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。