スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒歴史版「涼宮ハルヒ」を手に入れた

今日の午後。どうにも使いようのない時間がぽっかりと空いたので近くの古本屋を物色していると、一冊の漫画が目に留まった。

「こ、これは…!!」

そこには2004年に月刊少年エースで連載されるも8ヶ月で打ち切りとなった(全8話)、伝説の黒歴史版『涼宮ハルヒの憂鬱』が置いてあったのである。お姉さんびっくりだ!

現在では違う漫画家によって新たに一から同じ月刊少年エースで連載されており、今作は完全に無かったものとされ、絶版となっている。僕は以前某アキバでこの漫画に1000円の値が付いていたのを見たことがある。僕がこの漫画をレジに持っていくのに何の躊躇いも無かった…。

ここで各メディアにおける涼宮ハルヒを見てみよう。まずはいとうのいぢ画による原作ラノベのハルヒ。
h1.jpg
かわいい。

次に2006年にブームを巻き起こした京都アニメーション製作のTVアニメ版ハルヒ。
h2.jpg
さすが京アニと言わざるを得ない出来である。かわいい。

次が現在連載されている漫画版ハルヒ。
h3.jpg
原作に忠実なのではなかろうか。かわいい。Amazonでは驚くほど低評価だが。

そしてこれが今日買ってきた黒歴史版ハルヒである。
h4.jpg
!?


しかし表紙はこんなだが、中身は意外と少女マンガっぽいタッチでかわいかった。よくエロ漫画を表紙買いすると中身との落差にガッカリするということがあるが、今作はその逆という稀なケースである。

ちなみに「1巻」との表示があるが、2巻目は無い。1巻には5話収録されているが、残り3話は未収録である。本筋としては未来のみくるが出てきた辺りで終了という、なんとも中途半端な幕切れである。

しかし、この黒歴史版をもってしても、かの偽造大国中国の壁を破ることは出来ないことを我々は忘れてはならない。あのインパクトに勝てるハルヒはこの先も出てこないであろう…。いや、出てこないで欲しい!

h5.jpg

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。