スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SET YOU FREE TOUR 2009

1月20日。久々のライブ、そしてライブハウスである。しかもさいたま市に住んでいながら一度も入ったことがなかったHEAVEN'S ROCK さいたま新都心である。

モッシュがあるかもしれんと思ってこれまた久々にコンタクト付けていたら手間取り、6時半開演のところ、ライブハウスに着いたのが6時20分くらいだった。

初めて入ったHEAVEN'S ROCKは外見通りの狭さだった。ギリギリで入ったもののキャパにはまだ余裕がある。HAWAIIAN6という有名バンドが出るにも関わらずこの集客。こういういろんなバンドが出るイベントではあまりチケットが売れないのだろうか?そういや過去、人気絶頂のエルレが出たイベントでも当日券が出ていたことがあった。

そんなこんなしているうちに客電が落ち、一組目のバンドが出てきた。誰かと思ったらSHANKだった。今回のお目当てである。初っ端から出てきたので、時間短いのか~?と少しガッカリする。

アルバム1曲目『Long for the Blue moon』でライブスタート。おお、かっこいい!やっぱ爆音はいいわ。バスドラのズンズン腹に来る感じが良いね。その後は曲順忘れたが『Lamp』とか『BASIC』とかやってたな。時間短いかと思ったが、大体このバンドは1st mini album出したばかりで1曲も短いので、アルバムに入っている曲は大概聴けた。

誰がボーカルかも知らなかったが、ベースがメインボーカルだった。3ピースということでライブは音足りないんじゃないかと思っていたが、勢いがあって良かった。ドラムが超パワフル。ギターもアグレッシブなステージングで魅せる。ラストの『Restart』ではモッシュもおきていたぞ。

SHANKが終わった頃、「俺はRANCIDしか認めねえぜ!」と言わんばかりのモヒカンと鋲打ちの革ジャン、ベルトを着用したパンクロッカーが数名入ってくる(全員がモヒカンな訳ではない、念のため)。モノホンのパンクロッカーは初めて見る。こそこそと隠れ見ていた。

そして始まったのがRADIOTS。リーゼントのベースに腕に墨入れまくったギター&ドラム、見事な金髪のボーカル。俺は後ろのほうで見ていたが、前方ではさっきのパンクス達が狂乱している。なんというか、非常に危険な香りがした。80年代のライブハウスに来たようだ(80年代はよく知らないが)。明らかに今まで行ってきたライブとは雰囲気が違う。最初は少し怖いと思っていたものの鳴らす音は最高のロックンロールでかっこいい!正直、今回のライブでこのバンドが一番良かったかもしれん。機会があればまた観たいものだ。あのパンクス達に混ざってモッシュする勇気はないが(汗)

次がCOBRA。どうやら大阪から来たらしい。平均年齢がかなり高いようだ。このバンドもまた客層が濃かった。大阪から来たのか、大阪弁で声援が飛ぶ。ガチムチのおっさんが何度もダイブしていた。

ちなみにダイブとはステージから客に向かって飛ぶことである。間違えがちだが、客のフロアからステージに向かって飛ぶのはクラウドサーフと言う。

次がSLANG。ハードコアのライブは初めて体験したが、凄まじい重音だった。イントロでジミーちゃんみたいなギターが超絶技巧を披露しているようだったが、他の音でかき消されてしまっていた。もうちょっと音量上げてあげてー!デス声のヴォーカルにギターとベースのスクリーム。腹に来るバスドラ。かっこよかった。

大トリを飾ったのはやはりHAWAIIAN6。ここまで濃い3組を聴いた後だと非常に耳なじみが良い。ここで久々にモッシュに加わった。やはり皆でもみくちゃになって騒ぐのは楽しい。しかし久々なのであっという間にバテた。あと僕は割とタッパがあるせいか、よくダイブ(正確にはクラウドサーフ、ってもういいかあ)の発射台にされる。今回も2人ほど飛ばした。

最後にHAWAIIAN6がアンコール1曲やって終了。モッシュしたおかげで1月の外気も心地よかった。

それにしても今回のライブは見事に客層がバラバラだった。HAWAIIAN6のTシャツを着た若い連中が多かったが、前述のパンクスやガチムチ、見事に禿げ上がったおっさんや小学生の娘を連れたマジメそうなサラリーマンまで。知らなかったバンドも知れたし、いいイベントだった。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。