スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中野ブロードウェイ

昨日は中野ブロードウェイに行ってきた。

最近は秋葉原より中野に行くほうが楽しい。

ではアキバと中野の違いは何だろうか?ざっくり言うとこんな感じであろう。

アキバ:最新のオタクカルチャーをゲットすることが出来る。またもともと電気街のため、PC関連が充実している。

中野:最新の物は少ないが、レア物の宝庫。しかも比較的安価で買える。また、オタク系だけでなくサブカルも充実。

まあ大きく分ければアキバが理系、中野が文系オタクの街という感じだろうか。

中野ブロードウェイの店は「まんだらけ」が多いので、あの雰囲気が好きならハマるはず。

レア物の例として3F、4Fでアニメのセル画が多数販売されている。エヴァやラピュタ、魔女の宅急便など、誰もが知っている作品の生セル画には感動する(当然買うとなるとバカ高いが)。

サブカルとしては、3Fのまんだらけにはかなりコアな漫画家の作品も揃っているほか、4Fには預言書などの変な本を扱っている。また、福満しげゆき氏の『僕の小規模な失敗』の中で主人公が訪れた店も実在する(アックスが置いてある店)。

日本のバンドやアイドルグッズが充実しているのも嬉しい。特に私の愛するX JAPANはファン会報やポスター、パンフレット等がたくさん売られているので重宝している。

しかも値段がかなり安い。前に神保町の古CD屋でXのファン会報が1冊1万円とかで売られていたのを見たが、ここでは1冊500円で買える。ポスターもパンフレットもそこまで高い値段は付いておらず、非常に良心的である。

3FのCD屋も値段控えめ。前にhideの『HIDE YOUR FACE』初回盤を1500円で見つけた時には飛び上がって喜んだ。

そんな訳で昨日の成果としてはこんな感じ。

・X-PRESS(ファン会報) Vol.9          1050円
・劇場版 機動戦艦ナデシコ 劇場用ポスター  500円
・クーラ・シェイカー 『K』(CD)            350円
・レプレイスメンツ ベスト盤             1000円

一番ゲット出来て嬉しかったのはナデシコのポスターかな。劇場版すごく好きなんだよ。ルリちゃんが真ん中にデ~ンと乗っているデザインで、見つけて即買いした。

そんな訳でアニメ、レア物、サブカル、音楽好きにはお薦めの場所である。

しかしひとつひとつの値段が安い分、ついつい買いすぎて財布の中身がすっからかんということもよくあるので注意されたし。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。