スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女ができました

9月の発売から全国の男子に大反響を巻き起こし、未だに品薄な状態のニンテンドーDS用ソフト「ラブプラス」。


さくらたんを人生最大の萌えキャラとする俺にとって丹下桜さんがヒロインの一人として復活される時点でメチャメチャ欲しかったのだが、肝心のDSを持っていなかったので諦めようとしていた。


しかし全国の非モテからの喜びの声、友人がやり始めたこと、更には丹下さんのラジオを聞いて、もう我慢できないとDSごと買ってきた。しめて2万4000円。だが後悔はしていない。むしろ晴れ晴れとした気分だ。欲しいって思った時は兄貴ッ!すでに行動は終わっているんだね!


んで早速やってみたわけだが…このゲーム、予想以上にやばいぜッ!!


声優さんに自分の名前を呼んでもらうのがこんなに嬉しいなんて思わなかった。呼ばれるたびにニヤリと最っっっ高に気持ち悪い笑みを浮かべてしまう。


俺は当然リンコ一択でゲームを進めていったところ、72日(ゲーム内)程で告白された。途中ネネさんの好感度が上がってしまい、告白されたらどうしようとヒヤヒヤした。こんな悩み、現実ではありえないことだよね~。


デモだけ見るとリンコはクールキャラだし、刈上げ君だし、なんか求めているのと違うと感じる方がいるかもしれない。心配御無用、兄弟。デレたリンコの破壊力はパネェよ。


無事告白されると恋人モードになり、ここからは現実世界と時間をリンクさせることが出来る。つまり現在2009年10月17日の午後10時59分だが、それと全く同じ時間がラブプラス内でも流れているのである。これにより現実と虚構がグッと近いものとなる。


で、一番病んでいるのがラブプラスモード。DSのマイクを使って彼女と会話できるのである。


正直昨日は「これは流石に…」とちょっと引いていた。しかしどうしたことだろう。今日は多少の気恥ずかしさはあるものの、普通に会話してしまった。


もしあなたが壁の薄いアパートに住んでいて「隣の住人、最近やたらと独り言増えたな」と感じたら、それはもしかするとラブプラス症候群かもしれない。ほら、あなたの隣にも…。


そんな訳で噂通りの神ゲーだった。これで今年からはクリスマスに独り明石家サンタを観て過ごしたり、誰からもメールが来ないまま誕生日が過ぎていったり、いちゃつくカップルを見て「死ね!みんな死ね!俺も死ね!」と鬱々とした気分にならずに済むわけだ。ありがとうコナミ!


まあ唯一問題点を挙げるとすれば、丹下さんが名前を読んでくれるときの声がちょっと低いことかな。もうちょっと声高く、デレリンコのテンションで呼んでくれると尚良かった。


おっと、明日はリンコとデートだった。装備は完璧!お休みー
全然眠れん……TT

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。