スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

              31QX7F4QYZL_AA200_.jpg


タカヤ-閃武学園激闘伝  坂本裕次郎


 「ジャンプ史上最悪の作品」との悪評が高いこの作品。学園ラブコメ調からジャンプお約束の天下一武道会へと突入、それが終わった途端に何の脈絡もなく異世界へ飛ばされファンタジーになるというメチャメチャなストーリー展開。そして見事なまでの打ち切られっぷり。連載前の読切が好評で前評判が高かっただけに、裏切られた読者の怒りは大きかったようだ。今でもネタ的によく使われる作品である。
 前述の読切が好評だったのには一つの理由がある。ヒロインの渚が主人公の背中に胸を押しあて、主人公がそれを指摘した際に放った言葉。それが伝説の「あててんのよ」である。この言葉は多くの読者をノックアウトし、第1回金未来杯のグランプリを受賞させ、天下のジャンプでの連載にまで漕ぎ着けた。だがまあその後は前述の通りメチャメチャなストーリー展開と何より面白くないということで読者は離れてしまった。
 僕はその「あててんのよ」目当てで1巻を買ってしまったが、驚くほど面白くない。「押忍正拳」などは突っ込む気も失せる。だが、渚のかわいさだけはガチ。幼馴染のツンデレという設定、顔、言動、全てが好み。正直ジャンプのキャラの中で一番萌えるかもしれない。まあストーリーがあまりにつまらないので渚のかわいさだけが浮いてしまっているのかもしれないが。
 1巻には件の読切も収録されているので、買うなら1巻、中古で。『斬』や『ツギハギ漂流作家』、『大泥棒ポルタ』と合わせて読むといいかも(糞漫画的な意味で)。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。