スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進研ゼミのDM漫画によくあること

 とにかく高校時代は金が無かった。(中略)なので進研ゼミから届くダイレクトメール(以下DM)に入っている勧誘漫画も捨てずに取っておき、何回も読んだ。この漫画は毎回「進研ゼミを始めたらバラ色の学校生活になった」という水戸黄門ばりのマンネリストーリーなのだが、恋・友情・勝利を盛り込んだ爽やかな青春サクセスストーリーで一部で人気が高い。私は中2~高3くらいまでは来た漫画は全部取っておいていたが、残念ながら大学進学で一人暮らしするときに全部捨ててしまった。ここでは誰もが一度は読んだことのある進研ゼミのDM漫画にありがちなことを記憶を探って書いていこうと思う。(2002~2005年辺りの中高生向けDMの内容を参考)


1.主人公はサッカー部
 私の読んでいる限りでは何故かサッカー部が多かった。次いで野球、バスケ、テニス。たまに文化部も入るが、やはり運動部が多かった気がする。これは運動部は頭が悪いという偏見なのであろうか?ちなみに進研ゼミ中高コースは「部活と勉強の両立」をメインに勧誘してくるため、帰宅部が主人公のことはほぼない。


2.勧誘者は憧れの先輩or片思いの相手
 テストでひどい点取った帰りに勧誘者と出会うのが黄金パターン。
ex.1
「先輩はどうやって部活と勉強、両立させたんですか?」
「俺は進研ゼミやってるんだ!」
「えっ、進研ゼミ?!」
ex.2
「○○(←片思いの相手の苗字)はすごいよな。運動も勉強も出来て・・・」
「そんなことないよ(\\∇\\) 私は進研ゼミやってるだけだよ」
「えっ、進研ゼミ?!」

更には片思いの相手が先輩の妹で二人同時に勧誘してくるという複合技も存在する。


3.母親への反抗
 思春期なだけに、母親に反抗する描写がよく見られる。この場合、喧嘩して自室に閉じこもった後に進研ゼミのDMを見て始めることが多い。
ex
「あんた勉強しなくていいの?○○君は学年でも1番ですって」
「うるさいな!分かってるよ!」
「隆史!待ちなさい隆史!」
バン!!(部屋のドアを閉める音)

隆史って誰だよ。


4.親友は恋のライバル
 この場合、主人公か親友のどちらかが「俺は自己流でやる」とか言って進研ゼミを始めない場合が多い。そして進研ゼミを始めたほうが好きな子と親密になり、始めなかったほうが焦る描写がある。
ex「ようし、じゃあ次のテストで勝ったほうが告白な!」


5.塾を選んだ者の悲惨な末路
 塾に通っている生徒がライバルの場合、大抵テスト前日は徹夜して目の下にくま作って登校してくる。自己流派は何をすればいいか分からず、多大な時間をかけてノート作ったけど一切頭に入っていないという描写がよく見られる。テストは両者とも撃沈する。ゼミなら要点だけまとめてあるから合間に勉強できる!


6.ゼミでやった問題がそのまんまテストに出る
 これが進研ゼミの勧誘漫画で最も有名な定番句「これゼミでやった問題だ!」である。解ける、私にも解けるぞ!


7.恋の勝負は決着がつかない
 というかつけない。「5.親友は恋のライバル」でかつ一方がゼミを始めなかった場合、ゼミを始めたほうがテストで勝つのだが、なんやかんや言い訳して告白しない。
ex.1 ゼミ始めたのが性格のいい親友だった場合
「○○さんが本当に好きなのは隆史だよ」
ex.2 ゼミ始めたのが主人公の場合
「俺だけがゼミ使っておまえが使わないのはフェアじゃないからな!」

「ようし、じゃあ次のテストで勝負だ!」


8.そして伝説へ…
さあ、君もゼミを始めて学校生活をエンジョイしよう!                               応募締め切りは○月○日まで

SCHOOL OF LOCK!UNIVERSITY

TOKYO FMで放送している「SCHOOL OF LOCK!」というラジオ番組がある。中高生をメインとした内容で、ラジオの中の学校という位置づけで放送している。パーソナリティは俳優の山崎樹範とお笑いコンビ、カリカの家城啓之だが、それぞれやましげ校長とやしろ教頭という名前で出演しており、当初は正体を明かさず、公式HPの写真でも目にモザイクがかけられていた。また他のスタッフも○○先生と呼ばれている。

この番組が始まった時、僕は高校3年生だった。バリバリの受験生だったが、当時の僕は完全に無気力で何に対してもやる気が出ず、勉強そっちのけで毎日SOLを聴いていたのを思い出す。「これもっと早く放送開始して欲しかったな~」と思ったものだ。事実、大学生になると次第にラジオから離れていき、今ではほとんど聴いていない。

2005年10月3日から始まったSOLだが、順調に人気を博していき、今では番組でフェスをやったりするほどの人気番組となった。そんなSOLが大学生向けに作ったSNSが「SCHOOL OF LOCK!UNIVERSITY」である。略称は当初は『ウニバ』だったが、だんだん『ユニバ』と呼ぶ人のほうが増えた。システムはmixiによく似ている。

当初は抽選制で、少数の人数しか受け入れていなかった。この時のメンバーは旧ユニバと呼ばれており、後にユニバの中心となる人間が多かった。

その後いったん閉鎖(休校中という扱い)、2006年11月20日に再開されたが、ここからは大学生、大学院生、専門学校生及び高校3年生(浪人生も可)は自由に登録出来るようになった。僕が登録したのもこの日である。たまたまSOLを聴いたらこの告知をしていたので登録してみた訳である。

ユニバの中は非常にフレンドリーで優しい雰囲気であった。SOLという番組自体、度々いじめ問題などを扱ってきた、いわば優等生的な内容だったので、開始してしばらくは誹謗中傷やメンバー同士のケンカなどは見られなかった(と思う)。

mixiと違ってほとんどの参加者は知人・友人がいない状態で入ってきているので、割と気軽に日記にコメントしたりコミュでレスしたりすることでマイユニバ(マイミクみたいなもの)を各自増やしていった。最終的に一番ユニバ数の多い人で200人超だったと記憶している。前述の旧ユニバ陣や、過去にSOLに出演した人は特にユニバが多く、100人超えている人がけっこういた気がする。

またユニバではオフ会も頻繁に行われた。特に東京近郊と関西が多かった気がする。東京近郊ではSOLのイベントに行ったりディズニーランドに行ったりとかなり積極的にオフ会が開催され、オンオフ共に仲が良くなる人が多かった。

2007年の3月には、「ユニバに参加できるのは学生のみ」という条件から、この春から社会人になる人が多く卒業していった。この時は自分のユニバではない人でも卒業していくと寂しい気持ちになったのを覚えている。

そして4月には多くの新入生が入ってきたわけだが、ここで軽く在校生との間で口論が起きる。問題は「絵文字の使用について」。それまでユニバでは『PCからだと絵文字が見れないから使用禁止』という暗黙のルールがあったが、それを知らない新入生が絵文字を使って日記を書くことが多かったことで口論が勃発。「ルールは守れよ」派と「そんなの自由でいいじゃん」派に分かれたが、結局「絵文字を使うと荒れる」と皆が空気を読んで使わない方向で落ち着いた。

その後、割と過激な日記を書く、2ちゃんねらーな思想を持つ連中が台頭してくる。彼らはユニバの雰囲気が馴れ合いだと批判した。確かにユニバには居心地の良さの裏返しで馴れ合いの雰囲気があった。

7月半ば、「ユニバで学園祭をやろう!」という有志が実行委員を発足させ、祭りが開催される。その行事の一つに『ミス・ミスターコンテスト』というのがあった。要するにユニバで一番かっこいい、かわいい人を決めようという企画で、エントリーした人の写真をアップして投票するというものである。

そこで例の過激派がエントリーした人物を馬鹿にしたコメを書き、そのコメをした中心人物の日記でミスタユニバ参加者への悪口合戦が始まる。ノリで参加者増加、異常な盛り上がりをみせ500を超えるレスがつき、本来の趣旨とはかけ離れた意味での『祭り』となってしまった。その数日後、その中心人物ほか数名はユニバを自主退学した。

その後しばらくしてユニバに復帰するも、また個人を批判する日記を書いて今度は強制退学。その時は運営に対する不満から周りの数人も一緒に辞めていった。

11月頃、WEBラジオにてユニバの閉鎖が発表される。閉鎖の理由としてはサーバー代がバカにならんことや思ったよりも参加者が増えなかったこと、それによってスポンサーが付かなかったことやスタッフがSNSにまで割いている時間がないことなどが挙げられる。

その後、自称VIPから来たという奴が毎日のように荒らしトピを立てにきたり、最後にもう一回ユニバ祭りが開催されたりした。そして2007年12月28日24:00、惜しまれつつも閉鎖された。が当日はユニバ最後の瞬間を見届けようと多くの生徒が集まったためサーバーが激重になり、なんかよく分からんうちに24時を迎えて閉鎖してしまった。

ユニバの生徒の何割かは生徒の一人が作った個人SNSに流れたようである。僕も一応登録したが、どちらかといえば今までのユニバメンバーとの繋がりを維持するためのSNSで雰囲気はmixiに近く、ユニバのフレンドリーさや気軽に他人とコミュニケーション出来る雰囲気は失われてしまったように思われる。思い返してみると、やはりユニバは楽しかった。確かに馴れ合いの雰囲気はあったが、「人にやさしく」。それがユニバでは出来ていたのではないだろうか。

uni_banner.gif

鬼ノ仁 お薦め順

 私が大好きな漫画家の一人に鬼ノ仁がいる。成年漫画家である。要するにエロ漫画家である。特徴としてはかわいい女の子にリアルな性器描写が挙げられるだろう。特に女性器の卑猥さと言ったら「女性器より女性器らしい」と言っても過言ではない。私自身あまり成人漫画界には詳しくないのだが、この人の出した漫画はほぼ読破したのでお薦め順に紹介したい。

※以下18禁









1.活線挿抜
kassensoubatsul.jpg 
 鬼ノ仁、唯一の長編(他は全て短編集)。本人はストーリーに納得がいってないようなことを書いていたが、はっきり言って私にはエロ漫画においてストーリーなぞどうでもよいのだァ───ッ!!問題は抜けるか、抜けないかだ。長編ということで当然短編集に比べて登場人物も少ないのだが、それぞれキャラが立っているのであまり問題ない。個人的にはショートカットの子とツインテールの子がお気に入り。逆にメインヒロインの西田さんでは何故か抜けない。ほとんどが和姦で鬼ノ仁作品にしては珍しく血が出ないので初めての人にはこれがお薦め。


2.肉体関係
nikutaikankei.jpg
 鬼ノ仁史上最も買いにくいジャケだが(笑)、ロリありメイドありと盛りだくさんの内容。勿論JKモノもある。確か「活線挿抜」と同時発売だったと思うが、個人的に鬼ノ仁はこの辺がピークだなあ。『きみのなか』に出てくる浅川さんは個人的に鬼ノ仁キャラの中で1,2を争うほど好き。メイド物を3話やるよりは短くして他のジャンルを入れて欲しかったが。


3.個人授業
個人授業
 現在最新作。なんかキャラの顔が変わったような気がする。正直キャラもマンネリ気味でみんな似たような顔や髪型をしているのが残念。だがエロさは相変わらず。大学生モノが新鮮でいい感じ。


4.近親相姦
近親
 「近親相姦」という題だが、近親相姦モノは最初の2話だけ。他の作品と比べて背表紙が厚くて得した気になるが、この作品には一つ大きな問題がある。裏表紙見たときから嫌な予感がしていたが、この作品にはスカトロが1話含まれている。これは勘弁してほしかった。『SCA80P CONNECTER』という話なので苦手な人は飛ばそう。あと最後のほうの4話連続の話もちょっと長いかな~。


5.不純異性交遊
不純
 私が初めて読んだ鬼ノ仁作品はこれなのだが、はじめ読んだ時はリアルさと内容に吐きそうになった(笑)内容は和姦と陵辱が半々くらいなのだが、全体的に雰囲気が暗い。ちなみにこれは2作目なのだが、これより後の作品は和姦メインで、これ以前の作品は陵辱メインとなる。この作品はキャラが充実している点がお薦め。陵辱系が好きな人はこれが一番かも。


6.制服少女
制服
 鬼ノ仁処女作。陵辱メインで流血しまくり、絵もまだ発展途上なのであまりお薦めしない。私はこれ買って30分で捨てた(笑)だが馴れてくると結構イケる

初心者のための電子掲示板の歩き方

 私は重度のねらーというわけではないが、電子掲示板において初心者が引っかかりそうなこと(というか事実私が引っかかったこと)をさらっと紹介。とりあえずこれだけは押さえておけ!


①ID
 2ちゃんねるは匿名掲示板であり、多くの人間はハンドルネームを使わず名無しで書き込んでいる(たまにハンドルネームを使う人間もいるが、「コテハン」と呼ばれ嫌われるのが常)。なので一見すると誰が誰だか分からないが、実は人によってIDというものが違っている。これによって一応の区別は付くので自演するとすぐにバレる。気を付けよう(たまにIDが表示されない板もあり)。また「おまえ携帯から書き込んでるだろ」などとズバリ当てられても、「ヤバイ、ハッキングされた!」と焦る必要は無い。これはIDの末尾が0ならPC、Oなら携帯で表示されるので誰にでも分かるのである。

②リモートホスト
 リモートホストとはネット上の住所みたいなものである。2ちゃんねるでは基本的に表示されないが(例外で表示される板も有り)、他の掲示板だと表示されるところもある。また、ホームページの管理人には自分のリモートホストは確実にバレている。ネット上で口論になったりした場合、「おまえ○○市に住んでるだろ。今度ボコりに行くから」と言われても布団の中でガタガタ震える必要は無い。リモートホストから分かるのはせいぜい何市に住んでいるかとプロバイダくらいのもので、個人には詳しい住所などは絶対に分からない。だが警察にかかるとすぐ住所を調べ上げられて乗り込まれるので、犯罪予告などは絶対に止めよう。また、会社からアクセスすると会社名がバレるので気をつけよう。

③2ちゃんねるは有料ですか?
 たまに「今月の2ちゃんねる代は?」などと初心者の不安を煽るスレが立つことがある。2ちゃんねるは無料である(金を払えば更にサービスを受けられるが)。大概その手のスレは「名前欄に『fusianasan』と入力すれば登録完了」などと書かれてるが、この通りにするとリモートホストが表示される。この他にも色々なパターンがあるが、「『fusianasan』を入力せよ」というスレは大概が釣り(トラップ)であると考えてよい。まあ上に書いたように別にリモートホストがバレたくらいでビビる必要は全く無いが、自分のリモートホストが衆人の目に晒され続けるのはあまり気持ちのいいものでもないので気をつけたほうがいいだろう。ちなみに2ちゃんねるでは自分の書いたレスを削除することは出来ない。よく考えて書き込もう。

④「死ね」○「殺す」×
 最近ネット上で殺人予告が相次いで捕まってみると大抵無職で「無敵の無職様」と呼ばれているこのごろだが、2ちゃんねるで「○○殺す」はタブーである。犯罪予告ととられて人生終わります。ムカついてどうしても一言言いたいのなら「死ね」で我慢しておこう。本当はそんな言葉は使わないのが一番。


 とりあえず思いつくのはこれくらいだろうか。あとは習うより慣れろ!ただ2ちゃんねるにハマると怒りっぽくなったり口が悪くなったり差別的になったり思想が右に偏ったり知らなければ良かったことを知ったりするので、あまり長時間の使用はお勧めましません。

恋姫†無双 〜ドキッ☆乙女だらけの三国志演義〜

最近『恋姫†無双』というアニメが放映されている。三国志の登場人物を全員女性にしてみた、という趣のアニメで、原作は例によって18禁エロゲーである。



個人的に三国志と言うと横山光輝のイメージが強いのだが、さて『恋姫†無双』ではどうなっているのだろうか?



まずは主人公(アニメ版)の関羽。

kanu1.jpg

うん、まあ有りじゃない?一本筋が通ってそうな感じ、関羽を女性化したらこんな感じって気はする。



次が張飛。

chr_bg_02.jpg

語尾に「~なのだ!」を付けるのが口癖のロリっ娘に/(^o^)\



次は劉備の子供を抱いて戦場を駆け抜けたこともある趙雲。

chr_bg_03.jpg

青い髪と赤い眼が綾波レイを思わせるが、かなり毒舌なので1人目だと思われる。ロンギヌスの槍みたいなの持ってるし



お次は天才軍師、諸葛亮孔明。

koumei1.jpg


アニメにはまだ出てきてないのでゲーム版のキャラ紹介を見ると「は、はわわ、ご主人様、敵が来ちゃいました!」とあり、劉備に三顧の礼をとらしめたり、周瑜に死に際「天はこの世に周瑜を生みながら、なぜ諸葛亮をも生んだのだ!」と言わしめた威厳はどこにもない。が、キャラをパッと見た感じ一番好みなので早いところアニメに登場して欲しい!



その他にも曹操がレズっ娘になっていたりとなかなかカオスなこのアニメ。あ、ちなみに劉備は出てこないっぽいよ。こんなところでも影が薄い主人公。まあ新撰組も近藤より土方、沖田のほうが人気あるしそういうもんなんですかね。



おっと、一人重要な人物を忘れてた。最強コンビ、董卓と呂布の仲を引き裂いた絶世の美女(架空人物)貂蝉だが、

2.jpg

こんなになっちゃった。男は女に、ならば当然女は男にってことですね、分かります・・・って気持ちわりいいいいYYYYYYYYYYYY
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。